FC2ブログ

みかんの国よりこんにちは~医師をめざすみなさんへ

愛媛民医連・愛媛医療生協による企画の報告や紹介を行うブログです。

2020/7/18 線路わきcafe~オンラインで学生交流~

線路わきカフェは医学生の学習の場としていますが
今回は薬学生と看学生も参加しました。

コロナ禍で人との接触を避ける生活を強いられている学生たち。

少しでも気分転換になれればと。

オンラインでの開催だったので大阪や東京からも参加もありました。


今回の目的は学習ではなく交流とし、各々の 近況報告をしました。

自宅時間の過ごし方が話題となり、国試の勉強や、実習レポート、課題だけでなく、ダンスにメイク、ゲームや動画に毎日頑張っていると笑って近況交流できました。

キャプチャ


愛媛民医連の奨学生は経済的援助だけでなく学習の場も提供します
奨学金のご案内はこちら

2020/6/5 線路わきcafe~コロナ禍の気になるニュース~

コロナ禍で情勢・生活が日々変わります。
6月はその中で気になったニュース・出来事を学生2名、担当者1名が報告しました。

『PCR検査が増やせない理由』
『子ども食堂』
『オンライン授業』。
その中でも大学の授業の実態に触れている内容には他学年の学生も担当者も驚きました。
特にPDFの資料を印刷する手間とインク代は切実な様子でした。

学生が外出自粛の中で見つけたというおススメ動画。
皆で視聴。
「ただ動画を見るだけ」でも一人で見るより楽しいと感じられる時間となりました。

キャプチャ

愛媛民医連の奨学生は経済的援助だけでなく学習の場も提供します
奨学金のご案内はこちら


2020/5/14 線路わきcafe~世界の医療~

4月以降、コロナウイルス感染予防のため自粛が続き、学生と対面できない日々が続いています。そこでオンラインで学生と繋がる企画を方法をとっています。

4月の奨学生会議では中村哲先生のドキュメンタリー番組を事前に視聴し、感想交流を行いました。
中村先生の考え方に感銘を受け、5月の奨学生会議では『世界の医療』をテーマに各々調べて報告するスタイルにしました。

参加学生2名と担当者3名が調べたことをパワーポイントにして報告しました。

『世界の医療格差』
『日本キリスト教海外医療協力会』
『オーストラリアの医療制度』
『発展途上国の妊産婦死亡率』『カンボジアの医療』
など多岐に渡る内容でした。

報告者それぞれの興味が違い、広い視野で知識を
深めることができ、学生の満足度も企画となりました。

0514奨学生会議

愛媛民医連の奨学生は経済的援助だけでなく学習の場も提供します
奨学金のご案内はこちら



2020/4/30 オンライン学習会 下痢症の鑑別診断

2回目となるオンライン学習会。
今回は ZOOM という アプリ を 使用して実施しました

今回 は 下痢 の 症状 か ら 推察 で き る 病名 を 推察 し 下痢症の鑑別診断の枠組みを学びます
無題5

初期研修医 の 増永瑞佳先生 も 参加 し 、 学生と一緒に学びました。
IMG_1429.jpg

医学生にとって大学では学ぶことのできない知識を学ぶ機会になり、満足度の高い時間となりました。

愛媛民医連の奨学生は経済的援助だけでなく学習の場も提供します
奨学金のご案内はこちら

2020/4/23 オンライン学習会

大学の授業は、コロナウイルス感染症拡大防止を目的にオンライン授業となっています。

愛媛民医連では大学の講義を補完する双方向性の講義を開催することとしました。
愛媛生協病院の水本潤希医師を講師に、初回はLINEのグループビデオ通話を使用。

今回は仮説演繹法を用いた基礎診断学、治療閾値や検査閾値など考え方のレクチャーです。

学生の感想
「病気の症状は学んでいるが、症状から病気を推察してこなかったので勉強になった」
「もう一度勉強し直したい」

当面、週に2回開催することとなりました。

IMG_1417.jpg


★奨学生募集はこちらをご覧ください

2020/04/17 Web会議で奨学生会議

外出自粛の中、オンラインで学習会を開催しました。

慣れないWeb会議での学習は難しいと考え、事前にNHK「武器ではなく命の水を~中村哲とアフガニスタン~」を見てもらい、感想交流を行いました。

学生から
「これ(水路の建設)は平和活動ではなく医療の延長という言葉が響いた」
「病気の予防に水が必要というのはSDH(健康の社会的決定要因)の視点と同じだった」
「すごく感動した」
と感想があり学生の胸を打ったようです。

人と接する機会がめっきり減っている学生にとって画面越しとはいえ対話を気分転換の良い時間となったようでした。

愛媛民医連の奨学生は経済的援助だけでなく学習の場も提供します
奨学金のご案内はこちら

2020/3/16 医療系学生合格お祝い会in愛媛生協病院

2020年3月16日(月)に愛媛生協病院にて、医療系学生の合格お祝い会がありました。
医学部に合格した新一年生が3人、看護学部に合格した新一年生が6人に、現役学生も参加してくれました。

 藤渕総師長からのお祝い品の贈呈や、海外の医師免許を持つ川嵜美智子先生の「どんな生き方がしたい?」などの講演、先輩学生と水本潤希医師や現役看護師とのケーキを食べながらの交流を行いました。

2020.3.16 医療系学生合格お祝い会

IMG_1151.jpg

最初は緊張していた学生さんたちも、美味しいケーキに舌鼓を打ちながら、医師へ実際の医療現場の話を直接聞いたり、学生同士で話も弾みました。現役学生から、医学生や医療系学生が集まる「全国医療系学生のつどい」、「中四国医療系学生のつどい」、「愛媛医療系学生のつどい」、「全国医学生ゼミナール」などの各種イベントの紹介がありました。

IMG_1165.jpg


学生からは、患者さんの心と体の両方から癒すことのできる医師になりたい、見捨てない医療がしたいなど、民医連の想いが伝わった嬉しい感想をいただけました。

 交流後には「皆で医学生ゼミナールに行ってみたい!」との声も上がり、新一年生同士で医ゼミに行こうよと参加者を集めるほどでした。

今年の医ゼミに愛媛から多くの参加者が期待できそうで、担当者も楽しみです♪

【医学生実習 募集】
 医ゼミ以外にも、高校生の医師体験や、医学生の実習を募集しています。
興味がありましたら、上記からどうぞ。

2020/03/14 医学生合格お祝い会

2020年3月14日、愛媛大学医学部の近くの学生サポートセンターにて、医学生の合格お祝い会を開催。

企画の内容は現役の医学生が考えました。
自身の経験を振り返り、入学時に欲しかった情報など先輩学生として伝えたいことを伝えることができたようです。
自分達の企画という事で、積極的に実習や企画の案内をしていました。

新一年生は4人の参加でした。
先輩学生は2年生~6年生までの5人が参加しました。
記念品やそれぞれの学年ならでは経験の言葉を贈りました。

合格お祝い会

最初は緊張気味だった新一年生の緊張もほぐれ沢山質問している姿が見られました。
最後はみんなで仲良く連れ立って帰っていきました。

愛媛民医連の奨学生は経済的援助だけでなく学習の場も提供します
奨学金のお問い合わせはこちら

2020/02/15 民医連の歴史

2020年2月15日、愛媛生協病院にて水本潤希Dr.講師のもと、民医連ルーツにまつわる話をしてもらいました。

民医連が発足する前の時代背景も踏まえながら、その当時の人々の暮らし、そこから民医連が必要とされるようになった流れを分かりやすい説明で、あっという間の1時間となりました。

潤希先生

学生さんも初めて聞く話だったようで、なぜ民医連が今のような活動をするようになったのかが理解出来たようでした。
改めて歴史を勉強したくなったという声がありました。

愛媛民医連の奨学生は経済的援助だけでなく学習の場も提供します(^-^)/
奨学金のお問い合わせはこちら

2020/02/15 ファシリテーションセミナー

2020年2月15日 愛媛生協病院でファシリテーション・セミナー、が開催されました。

目的は
・話し合いの質を高める
・多様な価値観の中で合意を産み出す力をつける
・話し合いの可能性を理解する

10月から連続講座として開催し今回は4回目でした。
1回目 ファシリテーション体験
2回目 場づくりのスキル
3回目 人間関係のスキル
4回目 構造化のスキル
5回目 合意形成のスキル


参加者は職員、医療生協の地域組合員、医学生です。

医学生のMさんは今現在、セミナー皆勤賞です!
毎回楽しみにして、予定を空けて参加していると(^^)

ファシ

今回は構造化のスキルで、フレームワークを使った、整理された話し合いがテーマ。
ホワイトボードを使い、会議や話し合いを分かりやすくするという内容です。
「鍋の良し悪し」や「多様性の社会」などのお題を、メリット・デメリットで話し合い書き出してみるといった、計4例の演習をしました。

ファシ4

愛媛民医連の奨学生は経済的援助だけでなく学習の場も提供しています(^○^)/
★奨学金申請はこちら

2020/02/01 高校生医師体験 in 愛媛生協病院

2020年2月1日(土)2名の高校生が愛媛生協病院に来院。

昨年6月にも医師体験に来ていた2人。
今回も、病院に来たら何か得られるものがあるかと思って、再び来てくれたそう♪

芳我悠毅Dr.による縫合体験
医師体験

OPE室見学
医師体験3

また新しい事を見れた、話しが聞けたという事で、2人とも満足できたようです。
今後も参加して欲しいですね!

★高校生医師体験の申し込みはこちら

2020/0125 愛媛民医連の歴史

2020年1月25日愛媛生協病院にて医看合同の勉強会を開催しました。

奨学生会議2
今回は、竹内裕子看護部長による「愛媛民医連の歴史」の講演。

奨学生会議
参加は医学生2名、看護学生4名でした。

奨学生会議3
講演の後は、それぞれの感想を交流し、昼ご飯を一緒に食べる等して仲を深めました。

【感想】
・民医連の歴史、原点を学んで、一貫して貧しい人や立場の弱い人のための医療活動をしてきているということが分かった。
・これからの時代で在宅をもっと普及する必要があったりと医療の形が変わっていくと思いますが、(民医連は)常に患者さんのためを思った医療ができると思った。

愛媛民医連の奨学生は経済的援助だけでなく学習の場も提供します(*'ー'*)
☆奨学金申請はこちら

2020/0110 救急実習

2020年1月10日(金)18:00~22:00
愛大医学部5年生2名が愛媛生協病院に救急実習に来院。

2人とも5年生ということもあり、救急の現場を自分の目で見て、診察の流れ、診断の過程を学びたいとのことでした。
救急開始前に打ち合わせと夕食(検食)の時間をとりました。
1年目研修医の吉田あすか先生から学生生活や研修医になってからの話をしていただきました。

この日の救急は救急車も少なく、少しゆったりとした救急だったようですが、その分医師と学生さんの対話が出来たようです。

救急実習

【感想】
・病院でお会いする方々が優しく、迎え入れて下さる雰囲気があることに驚きました。
・他病院よりも規模が小さい分、先生方同士の仲が良く、垣根が低く何でも相談しやすい優しい雰囲気の様に感じました。

実習のお申込みは(*゚▽゚)ノ こちらから

2020/01/04 国試激励会&新年会

2020年1月4日(土)
国試を控えている医学部6年生2名、薬学部6年生1名の激励会と、愛媛医療系学生合同の新年会を開催。
学生職員合計24名と大勢で賑やかな年明けになりました。

国試に向けて普段は勉強漬けの6年生の息抜きの場にもなりました。

国試激励2
最後に、6年生へは合格祈願のお守りを後輩や職員から授与し、6年生からは抱負を述べてもらいました。

国試激励
4月にはそれぞれの場所で新生活を迎えられていることを願って…🌸

愛媛民医連の奨学生は経済的援助だけでなく学習の場も提供します(*'ー'*)
奨学金申請はこちら

2019/12/24、12/28高校生ステップアップ講座

2019年冬休みに愛媛生協病院で高校生を対象とした、学習企画を開催しました。

12月24日(火) 高校生8名参加
ステップアップ1224
藤原匠平Dr.による「終末期のよりよい看取りを考える」ワークショップ。

12月28日(土) 高校生5名参加
ステップアップ1228
上城統Dr.による症例検討ワークショップ。
症例検討では、ソーシャルバイタルサインを用いる等新しい取り組みも。

2ステップアップ
どちらも座学中心でしたが、熱心にメモを取るなどして参加していました。

高校生の体験申込はこちら(*゚v゚*)

2019/12/14-/15全国つどいin熊本

2019年12月14日(土)~15日(日)、熊本県大字関村にあるホテルにて全国つどいが開催。
愛媛から愛大6年生1名、4年生1名、職員2名で参加しました。

熊本
テーマ「人権を守るためのアドボケイト~LGBTQs~」。


1日目
すこたんソーシャルサービス(同性愛をはじめとする、多様なセクシュアル・マイノリティの人生を応援する団体)より伊藤悟氏と茨城城南病院の菊池医師よりLGBTQsの講演がありました。

2日目
くすのきクリニックの板井医師による水俣病の講演。
板井医師は水俣診療所、水俣協立病院に勤務し、43年に渡り、民医連医師として水俣病に関わってきた医師です。

LGBTQsと水俣病、SGDでは、この2つのテーマをミクロ・メゾ・マクロの視点で更に深く掘り下げることで、学習を行いました。

つどい熊本

愛媛民医連の奨学生は経済的援助だけでなく学習の場も提供します(*'ー'*)
☆奨学金申請はこちら

2019/11/30 臨床推論学習 in 愛媛生協病院

11/30(土) 愛媛生協病院で内科・家庭医療科 水本潤希医師による臨床推論学習会が開催されました。
参加学生は、医学部6年生3名、5年生2名が参加。

水本医師が実際に見た症例2つを用いて、学生、事務を含む全員参加で、その患者さんにどんな質問をしたいか?(既往歴、ご飯は食べられているか等)を挙げていったり、バイタルをみてそこに潜む症状との矛盾点を考えたりと、あっという間の2時間となりました。


中でも印象的だったのが、2例目のアルコール性肝炎で入院した50代男性のケースでした。臨床推論し病名も特定されましたが、めでたしめでたし…ではなく、このケースの本当の問題点は、この男性が無事に退院するにはどうすればいいのかということでした。

男性は同居していた母親が入院したことを機に1人暮らしとなったことで、元々あった肝障害が増悪し入院となりました。入院中に数値が落ち着いたとしても、退院したら元通りの生活になる事が容易に想像されました。
「この男性が退院しても、病院に戻ってこないようにするには?」
 この男性の場合であれば、訪問看護を導入し、退院後の生活までフォローした上で自宅に帰すということを行いました。

 
治療することだけが病院の役割ではなく、看護師やソーシャルワーカーなど多職種が関わりあい、患者の生活背景を含めて問題を解決する視点の重要さについて、最後に水本医師より説明されました。

DSC_5485.jpg

 実習・奨学金についてはコチラ

2019/11/30 高校生医師体験 in 愛媛生協病院

11/30(土)9:00~13:00、愛媛生協病院にて高校生医師体験を行いました。
今回は高校1年生3名が参加。
講師は藤田先生、森実あすか先生でした。

【スケジュール】
・オリエンテーション
・DVD鑑賞
・院内見学(フィットネスcoco‐re、院内保育所、地域事業課 等)
・医師体験(病棟見学)
・昼食(医師への質問コーナー)


〈病棟見学の様子〉
IMG_0505.jpg

〈病棟で実際にどんな風に患者さんと接しているか先生よりお話〉
IMG_0504.jpg


【感想】
・医師になるには「判断力」があるということがすべてにつながるのではないかと思いました。
・私が思っているよりも医師という職業を通してできることは多く、可能性も無限大なのだということを感じました。

【高校生医師体験 申込】
毎月高校へ案内を出しています。
興味がありましたら、個別には下記からどうぞ。
申し込み、問い合わせはコチラ

11/8 地域実習 @あったか拓南

2019年11月8日(金)、あったか拓南で組合員さんが週1回行っている配食サービスに、愛大4年Mさんが地域実習で参加しました。
朝10時から約70名分のお弁当をつくり、午後3時過ぎから、実際にお宅へ配食するのに同行しました。
組合員さんの配食への想いを間近で知る実習となりました。

IMG_0383.jpg


実習の申し込みはコチラ

11/7 薬剤師訪問同行 @若水ハロー薬局

2019年11月7日(木)、愛大4年のMさんが新居浜にある若水ハロー薬局にて薬剤師訪問同行実習を行いました。
訪問1件に同行し、ご高齢の方の薬の多さとその残薬調整の大変さを目の当たりにしたようです。
その後、1時間程若水ハロー薬局にて薬剤師から調剤薬局についての説明を受けました。

IMG_5782.jpg

実習の申し込みはコチラ

«  | HOME |  »

プロフィール

愛媛民医連 医学生

Author:愛媛民医連 医学生
堀内です☆愛媛民医連で医学生さんの担当をしています。学習会や実習、楽しい企画など様々なことを投稿します。皆さんの参加もお待ちしています。 

clover-clock

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード