FC2ブログ

みかんの国よりこんにちは~医師をめざすみなさんへ

愛媛民医連・愛媛医療生協による企画の報告や紹介を行うブログです。

2017/11/15子どもの貧困~まつやま子ども食堂代表の方と会う~

11月15日(水)松山市鉄砲町にある子ども食堂『そらいろのたね』へ学生4名、職員4名で
まつやま子ども食堂の代表でもある野中玲子さんのお話を聞きに行きました。


子どもの権利条約
子どもの貧困の実態をデータや症例の報告の後、子どもの権利条約の紹介がありました。

『母が元気で安定していることが子どもの笑顔を作る』という考えの下、シングルマザーの支援も行っているとのこと。
シングルマザーであることを負い目に感じる母が子どもを運動会に行かせない話、夫のDVから逃れるために、たびたび引っ越しを行った結果、転校の多かった子どもは大人になっても小学校低学年の知識しかなく就職が困難な話などの症例が話されました。

また、スライドで無職のひとり親世帯が働き始めると、日本に限っては所得が減るというデータの紹介があり、学生さんは大変驚いていました。「なんでこうなっているか、みんなに宿題ね」と言いながら、所得の再分配が上手くいっていない現状の話がありました。

まつやま子ども食堂の活動や関わっている方々の紹介、また寄付で食事が提供できていることの話のあと、まつやま子ども食堂は生活困窮者の相談窓口や食料支援物資の受け渡し場所であるものの対処療法でしかないこと、一方で市民の声を行政に届け、少しずつ社会を変えていく事の大切さも伝えられました。現在は4か月に1回の手当の支給を毎月支給にしてくれるよう請願をしているとのことでした。

食事
お話のあとは、有機食材を使った食事を皆でいただきながら質疑応答がありました。


野中さんから医学生の皆さんへのメッセージ
 『子どもや家庭の不穏に気づきやすい職業だと思います。
 どうか「あれ?」をないがしろにせず、
 「変だな」の感覚を信じて動いてくれるお医者さんになってほしいです。』


今回はお話を聞いただけでした。機会があれば子ども食堂にボランティアさんとして
参加しても良い経験になると思います。

COMMENT▼

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://eminirenigakusei.blog100.fc2.com/tb.php/473-d36a3073

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

eminirenigakusei

Author:eminirenigakusei
堀内です☆愛媛民医連で医学生さんの担当をしています。学習会や実習、楽しい企画など様々なことを投稿します。皆さんの参加もお待ちしています。 

clover-clock

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード