みかんの国よりこんにちは~医師をめざすみなさんへ

愛媛民医連・愛媛医療生協による企画の報告や紹介を行うブログです。

2017/8/24 密度の濃い実習でした

今日は愛媛大学医学部医学科3年生の学生さんが実習に来てくれました。


まず、中塚崇地域事業部長よる医療生協の話。

医療生協は、
・医療や介護、福祉事業所のサービスである「施設事業」
・支部が地域で取り組む健康づくりの「地域事業」
この2つの事業の連携で健康づくりをしているという内容。

国が進めている地域包括ケアという制度を
医療生協の2つの事業の連携という特徴を活かすことで
地域でくらし続けられる仕組みを作ろうとしているという話。

とても興味深く聞いていました。

※2025年(平成37年)を目途に、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築を推進。 
地域包括ケアシステムは、保険者である市町村や都道府県が、地域の自主性や主体性に基づき、地域の特性に応じて作り上げていくことが必要。  厚生労働省ホームページより)

地域事業活動の紹介

尾崎達哉医師による内視鏡検査の見学。
『ファイバーの通りやすい方と通りにくい方の説明などもしてもらえました』と笑顔の学生さん(゚∀゚*)

尾崎達哉医師による内視鏡説明


森実和樹医師の整形外来見学。
『患者さんを呼び入れる前に事前に病状説明、
合間にもとても丁寧な説明をされていましたよっ』と看護師さん。
『聞きなれない医療用語は紙に漢字で書いて説明してくれました』と学生さん。

膝に水の溜まった患者さんの患部にも触らせていただき、注射の手技も見る事ができたようです♪


水本潤希医師の病棟回診
医師・看護師・施設スタッフ・娘さんで行った合同カンファレンスに同席させていただきました。
急性疾患を繰り返して入院してくる患者さんの退院へ向けての話し合いでした。
施設スタッフさんの受け入れの不安、娘さんの不安…
それぞれの不安に対し丁寧に対応される水本潤希先生。
退院調整の大変さに驚きつつも貴重な経験となったようです。

ペースメーカーの手術の見学。
初めて手術室に入り、手洗いの方法を教わりました。

有田孝司医師の小児科実習
4カ月の乳幼児健診に立ち会いました。
小さな乳幼児を器用に抱きかかえる学生さんに看護師さんもびっくり。
だいたいの学生さんが子どもさんに嫌がられて泣かせちゃいます(тωт`)
オムツ着用と着衣もスムーズに出来ました。
身体計測以外に生活指導までしている健診内容に学生さんは驚いていました。

小児科の一般外来では
実際に聴診、耳鏡、舌圧子を使っての身体診察などの経験が出来ました♪

有田孝司医師の小児科外来 学生実習

常勤の先生方にも心配されるほどの過密なスケジュールでしたが
休憩時間も惜しんで実習、見学していく学生さん。
第2弾として新居浜協立病院での実習を予定しています。
暑い夏はまだまだ続きます!
     
                                  to be continued|´3`)ノ||O |
   


COMMENT▼

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://eminirenigakusei.blog100.fc2.com/tb.php/455-fd2d2acb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

clover-clock

プロフィール

eminirenigakusei

Author:eminirenigakusei
林です☆愛媛民医連で医学生さんの担当をしています。学習会や実習、楽しい企画など様々なことを投稿します。医学生の皆さんの参加もお待ちしています。 

FC2カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード