みかんの国よりこんにちは~医師をめざすみなさんへ

愛媛民医連・愛媛医療生協による企画の報告や紹介を行うブログです。

「第32回全国医学生のつどい」に向けて★

もうすぐ5月も終わり。
これから梅雨が来て、そして梅雨が明けたら、そこはもう夏!ですね。

毎年、8月のお盆明けに、
「民医連の医療と研修を考える
 医学生のつどい(通称:つどい)」
 が開催されます。

*ちなみに今年は、
 8月16日(月)から18日(水)、宮城県は仙台市にて開催予定です。
 詳しくはまたご案内します…。


本番に向けて実行委員会を重ねています。
先週末はその「つどい」の第3回実行委員会が東京で開催されました。
学習の中身をちょっと紹介☆

今回の講師は、増子忠道先生
東京民医連・柳原診療所所長、30年余にわたり、
東京下町の千住地域において在宅医療を実践するとともに、
地域ケアのシステムづくりに尽力されてきました。
1997年には、その功績から「第6回若月賞」も受賞されています。

こちらが増子先生。

増子先生2


高齢者医療の必要性をいち早くとらえ、
「寝たきり老人は地域に隠れている」ということに気付いた増子先生は、
当時はまだ、診療報酬による対価は得られなかった「訪問看護」を導入。
その後、」「24時間型巡回型在宅ケア」を開始。

民医連だけでなく、保健所や福祉事務所、町会、学生、ボランティア…
様々なネットワークで、地域の「寝たきり老人実態調査」も実施。
社会制度を積極的に活用したり、制度改善にも取り組みました。

病院を退院しても、家では介護できない、かと言って行くところもない。
社会的な仕組みを問い、改善の運動に取り組むとともに、
現場の実践でどうこたえるか、その重要性を訴えてられていました。


また、

介護の本質は、生活を支えることであり、
その人の生き方を、その人の意思に沿って
生活上のさまざまな世話によって支える点ではないか。
21世紀に地域医療を語るには、介護が何たるかを理解しなければならない。
医学生にも現場を見てみる経験を!


と語られました。

こちらが講演風景。

講演風景

思わず長文になってしまいました。すみません...m(_ _)m。

以下、印象に残った語録

○1人の我がままに見えることの中に、人間として当たり前の願いがあり、
 それが叶えられない制度がある
○今の制度の枠内でできないからと言って諦めるほど、我々は諦めがよくない
○うまくいかなかったケースを徹底して議論する、「何とかしよう」その時道ができる


COMMENT▼

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://eminirenigakusei.blog100.fc2.com/tb.php/19-8eba45d5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

clover-clock

プロフィール

eminirenigakusei

Author:eminirenigakusei
林です☆愛媛民医連で医学生さんの担当をしています。学習会や実習、楽しい企画など様々なことを投稿します。医学生の皆さんの参加もお待ちしています。 

FC2カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード