FC2ブログ

みかんの国よりこんにちは~医師をめざすみなさんへ

愛媛民医連・愛媛医療生協による企画の報告や紹介を行うブログです。

20180519 高校生医師体験 in 愛媛生協病院

5月19日、愛媛生協病院の医師体験に7名の高校生が参加しました。

まず、DVD「笑って死ねる病院」鑑賞しました。
石川県金沢市の城北病院の終末期を迎えた患者・家族と向き合うドキュメンタリー番組です。
人の命を助けることを指名に思う職種を目指しているからこそ知ってもらいたい内容です。
体験者の皆さんの心に少しでも残ればいいな(*^-^*)

その後、2グループに分かれ医師体験をしました。


★梶原綾乃医師の回診同行。

ブログ 画像確認
回診前にカルテと画像で患者さんについての説明がありました。
また、CT画像で臓器や血管の確認をしました。

ブログ血圧
梶原医師の指導の下、手動血圧計でお互いに測定しあいました。

回診
病棟回診では患者さんにご挨拶をし承諾をいただいてから、聴診をしました。
元教員だった患者さんが高校生たちに会い、すごく生き生きしていた姿も印象的でした。

◇感想(回診同行)
・X線やCTの画像を見ることができ、普段医師の方々が画像のどのような所を見て判断しているのかを知ることができ、とても良い経験になりました。
・医師と患者の接し方を間近で見ることができました。砕けて話す時は楽しそうに、真面目な話や重要な事を話す時はしっかりと話分けていて、とても格好いいなと思い改めて憧れを感じました。


★小西央彦先生による縫合体験

ブログ 縫合体験
人工皮膚を使って、切開・縫合・糸結びを体験しました。

◇感想(縫合体験)
・初めての体験で、私はあまり器用ではなく結構苦戦しました。自分がしようと思っている科が外科なので今のうちから練習しようと思います。
・普段触れないようなものを触らせていただき、道具を使う上での注意など医師の疑似体験をすることができました。


★院内見学

放射線
放射線科では放射線技師さんより機器の説明を聞きました。

ブログ薬局
薬局では薬剤師さんより、薬の種類、管理の仕方、劇薬の取り扱い方、混合注射を作る滅菌空間の安全キャビネットなど沢山の説明を聞きました。

◇感想(院内見学)
・薬剤師さんのいるところで沢山の種類の薬を分け、医師の指示によって調剤しているという事を詳しく知ることができました。また、患者さんの容態によって薬の出し方を変えていることを聞き、よく考えられているなと思いました。
・CTやレントゲンなど、普段見ることができない様々な機械を見ることができ感動的でした。


★お昼の医師との交流

ブログ質問交流会
梶原先生より高校生たちに「なぜ医師を目指そうと思ったの?私が医師を目指したきっかけから話すね」と始め、事前の質問に答えていただきながら、「目標はあった方がいいんだけど、何科を目指してるのかな?」と質問。
「内科」と答えた高校生には「将来、家庭医療科で一緒に働きましょう」と笑顔で応えていました。

写真2
医師の仕事を体験することは勿論ですが、医師と直接話せたことはとても良い経験になったようです♪
今後も聞きたいことがあればお気軽にお問い合わせください☆


医師体験は毎月開催しています。
またぜひご参加ください。
職員一同お待ちしております+。(*´・∀・`)/・:*:・・゚・゚

高校生医師体験のご案内はこちら

20180518 連続学習講座①縫合体験

2018年5月18日、愛媛生協病院で主に医学部1年生対象の連続学習講座の第一弾が開催されました。


第一弾は縫合体験。

まずは、外科の塚本尚文Dr.から道具と糸の説明を受けました。
それから、人工皮膚を使用して縫合の練習です。

hougou.png
先生からお手本披露

鳥縫合
縫合挑戦

縫合鶏肉
人工皮膚の次は鶏肉で挑戦。

人工皮膚と違って扱いにくそうです。
先生からアドバイスをもらいながら何度も挑戦しました。

鶏肉縫合2
先生に縫い目をチェックしてもらいました。


担当者も縫合体験に挑戦しましたが、とてもとても…

学生さんはさすが医師を目指すだけあって、短時間でとてもキレイな縫い目ができていました!

翌日から学祭だったためか参加は1名でしたが、
とても充実した時間を過ごせたようです٩(๑>∀<๑)۶

☆次回以降の予定☆
6月12日(火) ドクターG/講師:水本潤希医師
6月20日(水) エゴグラム診断(心理性格診断)/講師:上城統士医師
7月 未定   心電図と血圧/講師:尾崎達哉医師
7月 未定   身体診察/講師:藤原匠平医師

それぞれ時間は18:00~20:30
      場所は愛媛生協病院

どの学年でも参加できます。
興味のある方はお気軽にお問合せくださいね(*´﹀`*)


お問い合わせはこちら

2018/4/28 高校生医師体験in愛媛生協病院

4月28日、愛媛生協病院の医師体験に4名(済美平成2名、聖カタリナ1名、済美1名)の高校生が参加しました。

DVD「笑って死ねる病院」を鑑賞では民医連の医療を学びました。

◇感想 DVD(笑って死ねる病院)
・笑って死をむかえるてもらうのを手伝う医療の仕事は非常に尊いものだと感じました。
・将来医師になれたら患者さんの言葉を聞き、できるものは全てやりたいと思っています。このDVDでは私のやりたいことが全てされていてすごいと思いました。私もこのような患者さんに寄り添える医師になりたいです。
・高齢者が増える中、医療機関に与えられる報酬が少ない現実がよく分かりました。今の状態がこれ以上悪くならないように、何か対策をしていかなければならないと思いました。
・医療現場は笑うことの少ない場所というイメージが大きかったが、患者の最期に寄り添って笑顔で送ることはとても大切で、これから医療難民が増えていく中で、もっと必要になってくることだと思いました。


佐伯佳央里医師の回診同行。

画像
回診前にカルテと画像で患者さんについての説明がありました。
佐伯医師の指導の下、担当者相手に胸部聴診の練習をしました。

病棟回診
いよいよ病棟です。
患者さんにご挨拶をし承諾をいただいてから、
胸部、心音、腹部聴診をしました。

◇感想(回診同行)
・事前にどんな状態の患者さんであるか明確に説明して頂いたのが良かった。健康な人の呼吸音を聞いてから患者さんのを聞くことで違いがよく分かった。
・患者さんに優しく寄り添って笑顔で接していて、すごいなと思いました。患者さんの状態などを詳しく知ることの大切さが分かりました。
・実際の患者さんのカルテを見せていただき、想像以上に情報量が多くて驚きました。初めて聴診器で肺の音を聞いて、正常な人と病気の人の違いがよく分かったので良かった。

少し時間があったので先生からのおまけ•(*´ω`*)
縫合体験
縫合体験をしました。


院内見学

院内保育
愛媛生協病院の特徴である院内保育・病児保育を廻りスタッフより職場紹介をしていただきました。

放射線見学
放射線科では女性の技師さんより画像や機器の説明を聞きました。

昼食交流にも佐伯医師が参加し、高校生の質問に丁寧に応えていただきました。

今回は参加者が全て女の子でした。
対応させていただいた職員も女性。
女性医師から女子高校生への様々な“ならでは”のアドバイスは印象的でした。

写真

医師を目指す皆さん
将来のイメージ像のお役に立てたでしょうか?

医師体験は毎月開催しています。
またぜひご参加ください。
職員一同お待ちしております(*’ー’)ノシ  *゚・。☆

高校生医師体験のご案内はこちら

 | HOME | 

プロフィール

愛媛民医連 医学生

Author:愛媛民医連 医学生
堀内です☆愛媛民医連で医学生さんの担当をしています。学習会や実習、楽しい企画など様々なことを投稿します。皆さんの参加もお待ちしています。 

clover-clock

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード