みかんの国よりこんにちは~医師をめざすみなさんへ

愛媛民医連・愛媛医療生協による企画の報告や紹介を行うブログです。

7/25救急準夜実習

7/25救急準夜実習に愛媛大学医学部5年生2名が来院しました。大学での外来実習を終え、その足で生協病院に来てくれました。普段から臨床推論学習会などにも積極的に参加している学生さんです。 
 救急搬入の患者さんは少なかったですが、気胸のトロッカー処置見学、鎖骨骨折の診断、脳梗塞疑いでMRIのオーダーなど、救急の現場ならではの体験ができました。大学の実習とはひと味違った時間を過ごせました。

7/23高校生医師体験

7/23(土)高校生医師体験に2人の高校生が来ました。
はじめに上城先生に聴診器指導をして頂きました。実際に胸の音、おなかの音を聴診し、「胸の音は、心臓の何の音でしょうか?」と質問されると真剣に考える場面もありました。また病棟回診で、患者さんと接する事もできました。
 藤原先生に、縫合体験を指導して頂き、器具の名称や針の持ち方、糸の結び方など教えてもらい、細かな作業で四苦八苦していました。
 高校生からは、「縫合体験では、器具を使って実習したので、お医者さんになった気がしてうれしかった。」「医師になることへの強い願望が芽生えました。」等の感想がありました。
キャプチャ
キャプチャ2

7/20ランチミーティング

7/20ランチミーティング医学生5名参加。久々の6年生が参加して1年生と初顔合わせしました。試験やサークルの話題で盛り上がり、えひめ医系学生のつどいのお誘いや診療所実習の日程調整など、学生さんと話しました。
メニューは「生姜焼き、あんかけチンゲン菜、中華スープ、デザート」
20160720豚の生姜焼き

7/20臨床推論学習会

7/20(水)の臨床推論学習会は、平日の救急夜間に来院された患者さんの主訴『眼の痛み』から始まりました。講師は原先生、学生さんは5年生3人、藤原先生・近藤先生も同席されました。原先生の「まず何を聞きますか?」に対し「痛み方は?」「いつから?」「両方、片方?、左右差は?」と見事な回答。生活歴、現症、その他の症状などが少しずつ明らかにされていきます。考えられる疾患も増える一方で、検査のデータから除外される病名も出てきます。学生さんの頭はいつしかフル稼働、藤原先生や近藤先生からの助言も大きなヒントです。所々笑いを取る原先生のレクチャーに学生さんもリラックス。患者さんの了解を得た顔写真も見せていただきました。紹介した専門の先生からの返書には、原先生の推測した疾患が確定されていました。身体診察や問診、生活背景、様々なデータから導き出すことの大切さを学ぶことが出来ました。臨床推論学習会

7/19路上生活者支援ボランティア

7/19(火)路上生活者支援に医学生3人が参加。内2名は初参加、緊張しながらの参加でした。また他団体と合同だったので、全体で14名の参加、愛媛新聞社も取材に来ていました。「ニュースでは見たことがあるけど、路上生活の現場を生で見て驚いた」と学生さんの率直な感想。チームでお茶やパンを配りながら、お話させてもらい健康状態や変わった事はないか聞きました。学生さんは「人間らしい生活ってなんだろう」「最低限の生活ってなんだろう」など8月の医ゼミの分科会で報告する「貧困」について考える機会になったようです。

7/13ランチミーティング

7/13(水)ランチミーティングをしました。医学生4人が参加。話題は、「夏休みの過ごし方」ある学生は、病院実習、旅行、西医体…と予定いっぱい。また別の学生は8月中、毎日部活の練習で汗を流すらしいです。大会に向けて猛練習!です。
話題は変わり、「全国医学生ゼミナール(群馬)」で、愛媛から「貧困について」の分科会を出展することを学生から報告しました。「一緒に行かない?」と1年生にお誘いすると、ひとりの学生が「行きます!」と参加表明!この夏、医ゼミは暑いですよ!
20160713ランチ①

7/7(木)全国医ゼミの打ち合わせ会

7/7(木)全国医学生ゼミナール(群馬)に参加する医学生2人が集まり、分科会や参加者増やし、財政活動について話し合いました。
今年は愛媛で一つ分科会を出展することになりました。テーマは「貧困」。愛媛大学の学生が参加している路上生活者支援や愛媛生協病院での無保険などの受診困難事例を通して、今後の医療について考えます。
医ゼミ本番は8/11(木)~13(土)!
学生は初めての分科会出展に不安をかかえながらもとても前向きに取り組んでいます!応援よろしくお願いします(^^)/

7/6(水)線路わきカフェ

 7/6(水)に線路わきカフェを開催しました。熊本震災支援に行った水本潤希先生(4月末)と医学生(ゴールデン・ウィーク中)と小笠原(6月初旬)が報告。
 学生は自分が「血圧計を使える医学生」だったからこそ、健康相談で被災した方の生活や精神的に困っていることを聞くことができたことが印象的だったようです。医師になればできることが増えるので、早く医師になって困っている人の役に立ちたいと語りました。
 熊本では避難所生活や車中泊やテント泊をする方が今もたくさんいます。生活再建や身体的・精神的なサポートなど長期的な支援が必要だと感じました。

7/6(水)ランチミーティング

7/6(水)20160706親子丼
ランチミーティングを開催し、医学生7人が参加。初参加の医学生もいましたが、知り合いもいて和気あいあいとしたランチとなりました。
一年生は前期が8/5まであるようで、年々授業日数が長くなっていると感じました。

7/3(日)「レジナビフェア大阪」

7/3(日)インテックス大阪で開催された「レジナビフェア大阪」(民間医局合同就職説明会)に生協病院から塚本医師、藤原医師、淺田課長、本部・小笠原が参加。全国から400病院近い臨床研修病院が出展し、医学生も1000人以上が来場!
 愛媛生協病院のブースには10人の学生が来訪し、研修の特徴や魅力をお伝えしました。夏休みには実習に来たいと言ってくれる学生もおり、嬉しい出会いとなりました。\(^o^)/

 | HOME |  »

プロフィール

eminirenigakusei

Author:eminirenigakusei
堀内です☆愛媛民医連で医学生さんの担当をしています。学習会や実習、楽しい企画など様々なことを投稿します。皆さんの参加もお待ちしています。 

clover-clock

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード