みかんの国よりこんにちは~医師をめざすみなさんへ

愛媛民医連・愛媛医療生協による企画の報告や紹介を行うブログです。

♪3/24-26全国医学生のつどいin宮城

こんにちはヽ(^o^)丿

小笠原です。

2016年3月24日~26日、全国医学生のつどい春つどいが宮城県で開催され愛媛大学から3名の医学生が参加。全体では、新1年生17名を含め140名の医学生が仙台に集いました。

東日本大震災から5年経ちますが、被災地の現状を目の当たりにしました。震災当時に災害対策拠点病院としての役割を発揮した宮城民医連坂総合病院の矢崎医師の学習講演では、災害時に「医療者」としてどうあるべきか、災害によって困難を抱えている地域や人々にどう寄り添うべきかを考える機会になりました。

フィールドワークは、津波から奇跡の生還を果たした組合員さんとの交流、仮設住宅に住んでいる方のお話、津波で甚大な被害を受けた小学校の見学、福島第一原発事故で避難区域に指定されている地域の訪問など。

被災地の現状を知り、災害を平和でない状況として捉え、医学生として医師として何ができるのか、寒空の下でしたが熱く語り合えた、学びの多いつどいでした。えひめでも報告の機会を設け、考える機会にしたいと思っています。

20160324-26全国つどい

おしまい♪

♪3/22高校生一日病院体験(愛媛生協病院)

こんにちはヽ(^o^)丿

小笠原です★

3/22(火)愛媛生協病院にて高校生一日病院体験が開催され

県内の高校生37人が参加しました。

AED、車いす、高齢者体験などの体験学習と、

希望職種別の体験を行いました。

参加された皆さんが希望の医療職に就けるよう応援しています!

【感想】

○縫合体験では本物の器具を使ったので、本当に手術をしているような感じがした。

○印象に残ったことは聴診器をあてる時にカーテンを閉めたこと。
ちょっとしたことかもしれないけどプライバシーを考えて患者さんの気持ちになってみることの大切さを学んだ。

○AEDの体験では、胸骨圧迫が難しく大変だった。いざ自分がそのような場面に出くわしたとき、適切な判断と処置ができるよう今回学んだことをきちんと覚えておきたい。

20160322生協病院一日病院体験

20160323愛媛新聞記事

おしまい♪

♪3/8線路わきカフェ

こんにちはヽ(^o^)丿

小笠原です☆

3/8(火)線路わきカフェ(医学生奨学生会議)を開催し、学生3人が参加。愛媛大学1年生が「全国医学生12月つどい参加報告&横須賀基地見学」について発表しました。

12月、神奈川民医連川崎協同病院の和田浄史医師の講演を聞き、医師という仕事は「地域のニーズにこたえること、そのためにQOL(Quality of Life:生活の質)向上につとめること」と考えたと報告。QOL向上のために医師の使命として社会正義(医療における不平等や差別を排除するために活動する社会的責任)を守ることも大切と語りました。

また、つどいが神奈川県で開催されたということでつどい後に横須賀基地を見学したことを報告。基地が観光地化され地域がにぎわっている一方で、米兵による犯罪、思いやり予算など弊害も感じたそうです。

そして報告後のディスカッションは大変盛り上がりました。報告の感想交流から発展し、原発、辺野古基地、安保法制、社会保障費と軍事費、アメリカ大統領選挙、マスメディアの信ぴょう性など多岐にわたりました。

学生からは次の選挙に向けてアンテナを張っておきたい、政治について同年代の人と話せて有意義な時間だったという感想が寄せられました。

これからもこのような時間を大切にしたいですね!

おしまい♪

 | HOME | 

プロフィール

eminirenigakusei

Author:eminirenigakusei
堀内です☆愛媛民医連で医学生さんの担当をしています。学習会や実習、楽しい企画など様々なことを投稿します。皆さんの参加もお待ちしています。 

clover-clock

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード