みかんの国よりこんにちは~医師をめざすみなさんへ

愛媛民医連・愛媛医療生協による企画の報告や紹介を行うブログです。

夏実習 最終回

さて、9月も終わりに近づき医学生さんたちの夏休みも終わりに近づいてきましたが・・・

そんな夏も過ぎ去ろうとしていた9月21日に

愛媛大学の1年生2名が、愛媛生協病院の実習に参加してくました。

病院実習が初めてということで、今回は往診と地域での地域での健康予防活動の

班会に参加してもらいました!

往診前にハラDrと一緒に撮影。
2012.9.21大西・木内実習 001


その後、班会に参加して、

健康チェックに参加をしたり。
2012.9.21大西・木内実習 004

健康体操を組合員さんと一緒にしてみたり。
2012.9.21大西・木内実習 006

残念ながら、午後から大学での講義があるために午前中のみの実習になりましたが、

いつもとは異なる医療の現場や地域医療に触れることができたのではないでしょうか?


医学生さんの感想は・・・

「子育て班会に参加して、地域の親子がこういう場で一緒に話をしたり、遊んだりして

 触れ合えるのは、とてもいいことだなと思った。子どもたちがとてもかわいかった。

 美味しい芋炊きも頂いて、組合員さんの優しさが伝わってきた。」


「往診は診察だけじゃなく、患者さんとの話やお世話をしている人との話も大事だと思いました。

 聴診器も初めて使って呼吸の音とかもよく聞こえていい経験でした。」


冬休みの実習にはどんな医学生さんと会えるのか楽しみです。

タニ でした。

福島インタビュー

9月25日に、愛媛大学近くにある東温分室で線路わきカフェが開催されました。

線路わきカフェとは毎月1回、医学生さんたちが集まり医療や社会情勢について

定期的に学習をする場所です。

今回の学習テーマは「福島インタビュー」ということで、8月の夏休みを利用して

愛媛大学の医学生さんが、福島にある「医療生協わたり病院」の医師と看護師さんに

現地の状況や医療従事者としての想いを聞く機会があり、その報告をしてもらいました。

IMG_0352_convert_20120928102646.jpg

報告会では、医療従事者としての想いや、子育てをする親としての苦悩など

様々な葛藤の中で福島に残り頑張って医療を続けていることや

今の福島の福島の状況がどうなっているかを報告してくれました。

福島に行った医学生さんは

「報道されている情報が必ずしも全て正しいとは限らない、

 自分の足で現地に行き、その場所を知ることや現地の人の

 話を聞き、想いに触れることが大切だと感じた。」

という感想でした。

来月も線路わきカフェは開催予定!

色々なこと医学生さんたちと一緒に学びたいと思います。

タニ でした。

夏実習

9月3日~5日にかけて、福井大学の医学生さんが愛媛生協病院に

実習に来てくれました!

今回の医学生さんの実習の希望は、愛媛という地域をとことん感じたい!

往診に同行したい、愛媛生協病院での初期研修について知りたい、地域活動などをみたい。

というリクエストでした。

P1190658_convert_20120910163923.jpg
また、病棟では家庭医のハラDrと一緒に回診したり、レントゲン画像の読影をしたり。

P1190667_convert_20120910164022.jpg
お昼休みには女医のムラカミDrと懇談をしたり。

P1190669_convert_20120910164200.jpg
また、別の日には家庭医のヤマモトDrと一緒に病棟の回診をしたりと。

医学生さんのリクエストにお応えできるように、往診や訪問看護にも同行してもらい、

愛媛生協病院が地域でになっている医療活動などを見てもらいました。

タニ でした。

高校生医師体験

8月11日に愛媛生協病院で高校生医師体験が開催されました。

夏休みということもあり、医学生さんや高校生の皆さんが病院に

足を運ぶ機会が増えておりました。

今回は、4名の高校生が参加してくれました!
20120811+鬮俶。逕滉ク€譌・菴馴ィ・002_convert_20120910155751
簡単なオリエンテーションの後は、病院見学です。

検査室やレントゲン室など普段見れない病院の施設を見学できたりします。

20120811+鬮俶。逕滉ク€譌・菴馴ィ・003_convert_20120910155704
医師体験では、実際の医師の仕事を一緒に体験します。

整形外科の森実Drからはレントゲン画像をみて、骨折箇所の判別方法を確認したり。

高校生からは「森実Drはなぜ?整形外科医の道を選んだのか?」など

質問なども飛び交いました。

その後、内視鏡室に移動して外科医の塚本Drから内視鏡の操作方法などをレクチャーを受けたり

お昼ご飯を食べながら、塚本Drと懇談をしました。
20120811+鬮俶。逕滉ク€譌・菴馴ィ・005_convert_20120910155853

参加者の感想は・・・・

「実際に検査室など見学できて、とても良い体験でした。

 他校の生徒と交流もでき、素晴らしい時間を過ごせました。

 また、医師との懇談もあり自分のモチベーションが上がった気がします。」

「いろいろな新しい機械や初めて触るものもあって刺激を受けました。

 整形外科医の医師の方のお話を聞けて、とても充実した時間を過ごすことが

 できました。本当にありがとうございました。」

医師の仕事に興味のある方は、ぜひ参加してみてください。

次回は10月13日の第2土曜日に愛媛生協病院で開催予定です!

タニ でした。


全国つどい 最終日・・・

全国つどい最終日の3日目。

この日は、講演やシンポジウム、分科会という企画は何もありませんでした。

3日目は、2日間の講演やシンポジウム、分科会、多くの人たちとの交流を通じて

自分自身が何を学び、どう感じて、何を考えているかということを各班の中で

意見交換をしてもらい、学びをさらに深めるという内容でした。

愛媛から参加した学生さんの感想は・・・

「とてもいい思い出ができました。班の人と様々な意見交換ができ、またいろんな人の

 講演が聴けたし知識がさらに深まった。

 今後も参加していきたい。そして、今回学んだことを今後の活動に

 活用していきたいと思った。」

との感想です。

IMG_4195_convert_20120910135113.jpg

また、全国つどいの事務局員の医学生さんたちから

「脱原発を目指して、自分たちは今後は行動をしていくこと。

 つどい本番の3日間の学習を通じて参加した医学生たちが何を考えてどのように

 行動していくことが必要なのか?

 ぜひ、考えて行動をして欲しいとの呼びかけがありました。」

来年も全国つどいは開催をされます。

来年は、どんなテーマ??で開催をされるのでしょうか???

来年の8月に多くの医学生さんと出会えるのが楽しみです。
DSCF4523_convert_20120910135247.jpg


あ・・・10月に今回の本番のつどいを振り返る総括実行委員会が大阪で

開催予定です。興味のある方はぜひ、一緒に行きましょう!

タニ でした。

全国つどい 二日目

さて、全国つどい2日目のスタートです。

この日は、午前中はシンポジウムを開催しました。
DSCF3889_convert_20120906120353.jpg

シンポジストには、3名の講師を招いてそれぞれの立場からお話をしてもらいました。

シンポジストを紹介すると、

写真の右側から

三浦 草平さん、福島県で農業を営んでいる方。

朽木 暁美さん、福島県にある桑野協立病院でMSWをされている方。

矢崎 とも子さん、宮城県の坂総合病院で内科医をされている方。

それぞれの立場から、今回の福島原発の事故や放射能被害について、

医療従事者としてどうあるべきかを話してもらいました。

また、シンポジウムの後半は会場からの質問をシンポジストが答えるというスタイルになり

多くの参加者から質問が飛び交いました。

シンポジウムでは福島の現状を伝えてもらい、原発事故という大きな社会問題に

関心を寄せることの大切さを改めて学べる機会になったと思います。

午後からは、分科会が開催されました。

全部で13分科会が開催されました。
DSCF4142_convert_20120906120839.jpgDSCF4130_convert_20120906120724.jpg
DSCF4115_convert_20120906120524.jpgDSCF4149_convert_20120906121034.jpg
福島で生活をされている方、東京で脱原発に向けてデモを運営している方、

原発の立地で、様々な問題を抱えながら生活をされている方など

多くの講師がそれぞれの立場から原発が抱える問題点などを伝えてくれました。

原発という1つを取り上げても、これだけの問題が上がるものが果たして

安全と言えるか?本当に考えさせれれました。

午前と午後のプログラムが終了すると楽しい「大交流会」のスタートです。

DSCF4217_convert_20120906121151.jpg
つどいOGの研修医1年目の医師たちの乾杯でスターです。

つどリンピックの後半戦。

DSCF4286_convert_20120906121801_20120906122215.jpg
早口言葉に挑む、愛媛大学の学生さん・・・などなど

多くの名勝負がありました。

DSCF4312_convert_20120906121915.jpg

DSCF4342_convert_20120906122019.jpg
閉会式では、優勝チームには金メダルの授与がおこなわれ・・・・

大交流会の夜はふけていきます。

タニ でした。

全国つどい一日目

8月16日〜17日まで岩手県で第33回民医連の医療と研修を考える医学生のつどいが

開催されました。

今回からは、このつどいシリーズでブロクを書きたいと思います。

今回のつどいは、「原発問題から医療と生活を考える 〜医学生が本気出して考えたらどうなるの!?〜」

をテーマに様々な学習講師をお呼びして学習を深めたり、学生同士の交流を深める企画です。

IMG_3514_convert_20120901101304.jpg

実行委員長の医学生さんから挨拶から全国つどいがスタートしました。

一日目の記念講演は、フォトジャーナリストの森住卓さんからの講演でした。

森住さんは、「人類は核と共存できない」との思いから核兵器の実験場だった

場所でのフォトレポートや、東日本大震災後の福島でも取材をおこなっており、

原発の事故直後の福島の状況を伝えてくれました。
DSCF3486_convert_20120901101539.jpg

全国つどいの魅力は学習だけではありません。

全国の医学生同士で交流ができるというのも大きな魅力です。
DSCF4207_convert_20120901101656.jpg
今回の全国つどいには全体で433名の学生さんや職員が参加しておりました。

夜には交流会企画が準備されていて・・・・

今回の企画はが・・・
DSCF4312_convert_20120901101930.jpg
つどりんぴっくです。

各班対抗で、様々なゲームをしながら班のメンバーと交流を深めるものです。

このように、全国つどい1日目はふけていきます。。。。

タニ でした。

 | HOME | 

プロフィール

eminirenigakusei

Author:eminirenigakusei
堀内です☆愛媛民医連で医学生さんの担当をしています。学習会や実習、楽しい企画など様々なことを投稿します。皆さんの参加もお待ちしています。 

clover-clock

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード