みかんの国よりこんにちは~医師をめざすみなさんへ

愛媛民医連・愛媛医療生協による企画の報告や紹介を行うブログです。

クオリア

やっと・・・・

やっと・・・・

ある企画が終わりました。

9月17日に愛媛生協病院で医療系学生合同学習企画、

「愛媛の松山で震災医療と戦争について考える」が開催されました。

この学習会には、医学生・看護学生・薬学生が参加してくれました。

愛媛では、今回の震災で宮城県にある坂総合病院に医師や看護師などを

支援チームとして派遣をしてきました。

支援チームに参加した、医師・看護師・事務がそれそれの視点から

医療支援の報告と被災地の現状を学生たちに話してくれました。

CIMG0618_convert_20110930102105.jpg
ハラDrは家庭医として、避難所での診察を中心に

CIMG0623_convert_20110930102204.jpg
ワタセNsは、被災した病院での病棟業務と避難所訪問を中心に

CIMG0630_convert_20110930102258.jpg
事務(ジムⅡ)のシマタさんは、避難所訪問チームの事務局としての活動を中心に

それぞれの、立場でどのような支援をおこなってきたかを報告してくれました。

学生の感想からは、

「医療の視点からみると、患者さんが沢山いたり、足浴していたり、簡単に仕切られた診察室が
 
 あったり、初めて知ることが多かったです。街並みが津波で流されて、土台だけになっている

 光景をみて、一瞬で何もできない状態になったのだと思うと、自然の恐ろしさを知りました。

 自分にできることを考える機会となりました。」


その後、企画は午後のプログラムに移ります。

午後は、生憎の大雨でしたが・・・・・・・・

松山市にある戦跡FWに出かけました。

平和委員会の方にガイドを依頼して

CIMG0652_convert_20110930103646.jpg

松山空港の近くにあるえんたい壕の見学。

えんたい壕とは、旧日本軍の航空戦闘機を格納するものです。

松山市には現在では3基のえんたい壕が残っています。

その後、ロシア人墓地に足を運びました。
DSC00829_convert_20110930102619.jpg
ロシア人墓地は、日ロ戦争でで日本軍の捕虜となった

当時の松山では、捕虜は罪人ではない。祖国のために奮闘して敗れた心情を汲み取って屈辱を与えるような

行為は慎んでいたということです。生活も、ある程度の自由が認められており当時の松山市民と交流なども

あったそうです。

学生の感想からは

「今日行ったところは、2ヵ所とも存在さえ知らなかった。松山で生まれ育ったのに松山にある戦争の

 跡を知らなかった。戦争は身近なところで起きていたのだということを改めて認識した。」


後の後FWが終わった後には、最初は緊張していた学生たちも
DSC00842_convert_20110930102842.jpgDSC00840_convert_20110930102726.jpg
DSC00844_convert_20110930103219.jpgDSC00843_convert_20110930102944.jpg

緊張がほぐれてきていい笑顔です!!

その後、医学生・看護学生からこの夏までに自分たちの活動や学習についての報告をしました。

DSC00856_convert_20110930103112.jpg
医学生からの「原発についての学習報告」です。

ポスターを持っていた担当者は長時間上記の姿勢制御をおこなったので、

終盤は腕がプルプルしました。

CIMG0674_convert_20110930102346.jpg

看護学生からは、「安全な出産をするために」というテーマ学習報告をしてもらいました。


夜は、楽しい交流会!!

CIMG0688_convert_20110930102458.jpg
オカリナ隊の演奏もあり、

DSC00864_convert_20110930103330.jpg

楽しい夜は過ぎて行きまふ。

最後はみんなで記念撮影
CIMG0695_convert_20110930103421.jpg


次はどんな企画が飛び出すのでしょうか???


タニ でした。




被災地から・・・その2

岩手県を訪ねて4日目。

最終日です。

最終日は、2日目で見学に訪れた陸前田市へ。

2日目では、見れなかった「陸前高田市役所」と「県立高田病院」に

足を運びました。
IMG_0308_convert_20110926115515.jpg
IMG_0306_convert_20110926115138.jpg

9月11日は、震災からちょうど半年という節目の日でしたが。

陸前高田市内は、まだ瓦礫などが多く残っていました。

IMG_0307_convert_20110926115300.jpg
「陸前高田市役所」です。

IMG_0303_convert_20110926115038.jpg

市役所の中は、当時のままでした。

市役所の職員の方も、避難指示や業務のために建物に残っていて被害にあわれた

方もいるとのこと。

224_convert_20110926114939.jpg
IMG_0320_convert_20110926115629.jpg
その後、「県立高田病院」に行きました。

病院は、四階建てでしたが四階部分にまで津波が来たとのことです。

204_convert_20110926114750.jpg

内部の時計は、あの時のままで時を止めていました。

参加した学生は、この光景を見て「言葉にならないような絶望的な景色でした。」

と述べていました。

今後、現地でおこなわれる復興が被災地の想いに寄り添うかたちの

復興であることを心から願いたいと思いました。

タニ でした。

被災地から

岩手県に入り3日目です。
150_convert_20110924092906.jpg


3日目は、昨日に続いて岩手県大船渡市を訪れました。

大船渡市の社会福祉協議会の災害ボランティアセンターに依頼をして

ボランティアに参加してきました。
IMG_0288_convert_20110924092707.jpg

ボランティア内容は、震災で被害を受けて個人のお宅を訪問してボランティア活動を

おこなうというものでした。

訪問した個人宅は、沿岸部から少し離れていました。
IMG_0296_convert_20110924093331.jpg

一見すると、こんな場所まで津波が来ているのか?と思いますが・・・・
IMG_0295_convert_20110924093443.jpg
カーブミラーなども倒れており、津波の怖さを物語ります。

個人宅を訪問して印象的だったのは、

家主さんから「朝早くからご苦労様。来てくれてありがとう。」

という言葉をボランティア参加者の全員に伝えていたことでした。

ボランティア参加者が全員がそろうと家主さんが静かに話しだしました。

「ボランティアに来てもらい、私は皆さんに感謝の気持ちでいっぱいで

 本当に頭が上がりません。私の家は、今の状況では被災をした家とは

 見えないと思いますが、8月のお盆過ぎまでは庭に瓦礫の山があり

 食料加工品なども、流れついて悪臭とハエに悩まされていました。

 市やボランティアのお力を借りてようやく今の状況になりました。

 被災者の状況はさまざまです。報道などで見て、イメージを固めて

 現地に来られる方もいますが、ボランティアに参加するのにイメージは

 固めないで頂きたい。被災者がボランティアに参加された方の希望に

 そった内容の作業を提供できるとは限りません。ボランティア精神は

 無償の愛が前提だと思います。皆さんにもこの精神で活動をして頂け

 たら、現地の被災者は本当に助かります。作業前にこの様な事を言って

 すいません。気分を悪くした方もいるかも知れませんが、これが被災した

 私たちの気持ちです。誰かが代弁しないと、気持ちのずれが大きくなると

 考えて話をさせて頂きました。」

 後ほど、お話を聞くと自分たちより前にボランティアに参加された人から

 心ない言葉を言われたとのことでした。

 あらためて、ボランティアとは何かと考えると同時に

 現地で起きている問題を知ることができる言葉だったと思います。

 家主さんからの言葉を聞いて参加者全員が、気持ちを奮い立たせる

 ボランティア活動に参加できたと思います。

 IMG_0297_convert_20110924093602.jpg

IMG_0298_convert_20110924093723.jpg


「お茶っ子会」とは、違った意味で被災地の人と心を通わせることが

出来たと感じる一日でした。


タニ でした。

 



被災地へ 2日目

岩手県での活動も2日目を迎えました。
IMG_0239_convert_20110921105036.jpg

この日は、午前中に被災地の陸前高田市と大船渡市を見学してきました。

被災地見学は最終日の報告と一緒にブログに書きたいと思います。

被災地見学後に盛岡医療生協が大船渡市の依頼を受けて、大船渡市の仮設住宅を職員が訪問して

血圧測定や介護予防の体操などを行っている「お茶っ子会」に参加してきました。

今回の「お茶っ子会」は、大船渡市の永浜地区の仮設住宅で開催されました。

63世帯の方が、この仮設住宅で生活されており「お茶っ子会」の開催をお知らせするために
IMG_0267_convert_20110926092119.jpg


一軒一軒、盛岡医療生協の職員さんと医学生の2名が声をかけていきました。

8名の方が「お茶っ子会」に参加されました。

まずは、血圧測定をおこない健康チェックして。
IMG_0270_convert_20110926092214.jpg

ジャンケン体操!!

次に、盛岡医療生協の職員さん考案の「水戸黄門体操」
IMG_0275_convert_20110926092322.jpg

そして、一番盛り上がった!!
IMG_0281_convert_20110926092417.jpg

風船バレー大会

その後は、お菓子とお茶を飲みながらの座談会です!
IMG_0286_convert_20110926092534.jpg


医学生2名が参加しているということもあり、医学生に質問が飛び交います。

「血圧の数値がいいのか悪いのか教えてほしい。」

「最近、物忘れが激しい。家に居ても何もすることがないので

 どうしたらいいか。」などなど

医学生たちも真剣に答えていました!!

「お茶っ子会」に参加させてもらい、印象的だったのは参加された皆さんの

「笑顔」でした。

被災後、半年という時間が経過する中で少しずつそのような状況になったんだろと

感じました。

でも、それぞれの方には色々な問題を抱えているとも感じることが何気ない会話の中で

感じる事が出来ました。

タニ でした。

被災地へ

9月8日から11日にかけて2度目の震災支援のボランティアに

参加してきました。

IMG_0330_convert_20110913173413.jpg

今回、震災支援に参加をしてきた場所は
002_convert_20110913170206.jpg
岩手県です。

岩手県にも医療生協の病院「川久保病院」があります。
IMG_0228_convert_20110913165948.jpg

川久保病院がおこなっている、被災地での活動に医学生2名とタニで参加してきました。

8日は愛媛からの移動なので、15時過ぎに岩手県の盛岡市に到着しました。

その後、川久保病院に向かい。震災当日の話や被災地への医療支援の話を

川久保病院の小児科医である、小野寺Drから報告を聞かせて頂きました。
IMG_0231_convert_20110914103938.jpg
川久保病院は、盛岡市内にありましたが3月11日はライフラインが全てストップしたとのこと

その後、TVやラジオなどで被害の大きさを知り沿岸部の被災地に

川久保病院内のライフラインの復旧や患者の安全を確保してから医療支援に入ったと。

沿岸地域には「大船渡市」を中心に2000人の組合員さんがいて、

瓦礫の中を一軒一軒訪問して安否を確認したそうです。

3月20日からは、「陸前高田市」の避難所を訪問して、衛生面での医療講和の話などの

活動を避難者の要求から始めていたそうです。

避難所訪問や個人宅への医療支援は5月末まで続いたとのことでした。

6月からは、「大船渡市」の要請を受けて仮設住宅を訪問して「お茶っ子会」という

活動を始めているとのことでした。「お茶っ子会」の内容は次回のブログで書きたいと思います。

小野寺Drからの話は、今の現地の被災地で起きている問題も聞くことが出来ました。

「先が見えない不安な気持ちや、震災で仕事を失った人が急性アルコール中毒で多く

 現地の病院に運ばれている現状があります。また、被災地の開業医もこの震災を受けて

 現地で医療を続けて行くかどうか考えている医師も増えている。現地の問題は日に日に変化を

 していきます。一時的な支援も確かに必要ですが、私たちは細くても長く支援を行っていくことを
 
 病院全体として取り組んでいきたいと考えています。」

岩手の被災状況や現在の問題を考えるには十分過ぎる内容でした。

小野寺Drの報告から

小児科の外来に生後2カ月の子供連れて、診察に来たお母さんがいたそうです。

小野寺Drが「父親はどうしたんですか?」と聞くと

母親が「陸前高田市から避難してきて、夫は陸前高田市の職員です。

    津波でながされてしまい、まだ見つかっていません。

    夫が見つかるまで、子供に会わせてあげたいと考えて陸前高田市に

    残っていましたが、体調なども悪くなり盛岡に来ました。

    本当は、早く陸前高田市に戻りたい夫も待っていると思う。」

と涙ながらに話されたそうです。

その後、母親から「先生、夫が見つかりました。早く子供と会いたいと思うので

         陸前高田市に戻ろうと思います。」と言われたそうです。



    



震災支援は2日目に続きます。 

タニ でした。

儚くも永久のカナシ

IMG_2914_convert_20110903094544.jpg

この写真を覚えていますか??


覚えていない方はこちらまで

そうです。

「高松平和病院」に8月の終わりに再び足を運びました。

今回は、高松平和病院で行われている、ボランティアサークルコスモスの見学に行ってきました。

愛媛生協病院で、高校生のボランティア企画検討しており。

長く歴史のある高松平和病院の「コスモス」を見学させてもらいました。

見学の日は、26名の高校生と看護学生が参加していました。
IMG_2919_convert_20110903094703.jpg
この日は、入院館患者さんに音楽のプレゼントするコスモス音楽隊の活動でした。

病棟や患者さんがご入院されている個室に音楽隊が出向いて、

「ふるさと」や「川の流れのように」を歌いました。
IMG_2931_convert_20110903095038.jpg
IMG_2942_convert_20110903095211.jpg

歌を聴いている患者さんが涙を流されたりしているのを見ると、

高校生たちの歌声が入院されている患者さんに多くのものを届けたんだと感じました。

愛媛の高校生たちにもこのような場所を提供出来たらとあらためて思いました。

タニ でした。

ハイパーメディアクリえぃたー

9月に入りました。

台風です。

現在、医療系学生さん達に向けて愛媛医療生協で頑張っている

医師・看護師・薬剤師・その他の医療従事者の姿を伝えるための

情報誌の作成を現在検討しています。

その名も・・・・・

ひめっこNEWS缶の創刊に向けて

シマタ・オガサワラ・タニが現在奮闘しています。

そこで・・・提案されたのがマスコットキャラクター作成。。。

新キャラの作成に若い才能が開花した・・・・

各担当者をモチーフに。

イメージ288

タニキャラ。

イメージ290

シマダキャラ。

イメージ289

オガサワラキャラ。

オガサワラ氏の才能が開花した。金曜の夜だった。

3人のキャラクターが皆さんに情報を届けますので。

お楽しみに!!!

情報誌が欲しい方は、ブログにコメントを下さい!

タニ でした。





 | HOME | 

プロフィール

eminirenigakusei

Author:eminirenigakusei
堀内です☆愛媛民医連で医学生さんの担当をしています。学習会や実習、楽しい企画など様々なことを投稿します。皆さんの参加もお待ちしています。 

clover-clock

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード