みかんの国よりこんにちは~医師をめざすみなさんへ

愛媛民医連・愛媛医療生協による企画の報告や紹介を行うブログです。

「無料低額診療事業制度」

今日の新聞から

お隣、高知県の医療生協診療所の取り組みが紹介されていました。
「無料低額診療事業」、
経済的理由によって病院を受診することが困難な方に、
無料、もしくは低額で診療を行う事業です。

↓↓↓以下、転載↓↓↓

無料・低額診療所1年…貧困、無保険59人利用

10人「餓死や自殺覚悟」 

 高知医療生協の潮江診療所(高知市高見町)は21日、生活困窮者や健康保険に入っていない人らを無料か低額で診察する制度を始めて1年で、59人が制度を利用したと発表した。

 がんなど重度の病気を患っていたり、餓死や自殺を覚悟していたりしたケースもあり、岡村啓佐・同診療所事務長は「想像以上に深刻。来所者は氷山の一角で、もっと多くの人に診療所の存在を知ってほしい」と話した。

 無料、低額診療は2009年10月に始めた。社会福祉法に定められた事業で、所得が一定水準を下回れば、無保険でも医療費を免除する。生活保護の申請や国保の短期保険証の取得なども支援する。

 今年9月30日までの1年間で、67人が来所して相談し、うち家族を含めた59人が医療費の減免を受けて受診。19人が入院し、1人は緊急入院だった。4人からがんが見つかり、疾病の多くは循環器系、外科・整形系だった。相談者は一人暮らしの男性が目立ち、年代では50歳代が多かった。

 世帯主55人のうち、35人は無保険。会社を退職後に保険料が払えなくなり、保険証を失うケースが多かった。22人に収入がなく、生活保護の水準以下の収入しかないケースは91%を占めた。10人は「餓死や自殺を覚悟していた」と答えたという。

 1か月間水だけで暮らしていた40歳代男性、無保険のために新型インフルエンザにかかっても診療を受けられない小学生もいた。岡村事務長は「無保険者や3割負担が払えない人はもっとたくさんいる」と訴えた。

 同診療所は12月24日までの毎週金曜、電話で相談を受ける「くらしと命の110番無料相談会」(088・833・9511)を行っている。

(2010年10月22日 読売新聞)

記事の中にある、「来所者は氷山の一角」という
事務長さんの言葉が、投げかけているものは重い。

愛媛医療生協でも、
新居浜協立病院が今年9月から同制度を活用し、
相談や申請を行っています。

↓詳しくは、こちらをご参照ください↓
新居浜協立病院 無低額診療事業のご案内

目標に向かって!

先週末は、松山市内の医療系学校を目指す高校生を対象に、
「医療系学校をめざす高校生の模擬面接会」を開催しました。

全体写真

当日は市内8校から38名の受験生が来院
積極的なご参加、ありがとうございます!



まずは、集団面接から。

集団面接

その場でテーマを与えられ、班長を決めて
レッツディスカッション!

初めて顔をあわす生徒さん同士、緊張しながらも
さまざまな意見が交わされていきました。


個人面接

続いては個人面接へ。

医師や看護師を中心とした面接官から
色んな質問が出されます。

参加者のみんなも、自分の志望動機や
医療者をめざした理由を精一杯語ってくれていました。

終了後は、個人個人に、よかった所や改善するとよい点など
評価を返していきました。

終わった後、感想文を読ませてもらうと…
「今回は本番と同じように全く知らない人と一緒に討論をして面接をしたので、
 雰囲気をつかむことができ良かったです」
「志望理由の不明瞭さがよくわかったし、何気ない言葉遣いを指摘され驚いた」
「自分の今後の課題や考えていかなければあらないことが見えてきました」


それぞれ何かしら掴んで帰ってもらえたとしたら、本当にうれしいです。

受験生のみんなにとっては、
これからの季節、いよいよ追い込みです。
参加してくれた高校生のみなさん!おつかれさまでした!

ワッショイ!ワッショイ!

今日、10月7日は、松山の地方祭です。
松山市内のあちこちで「ワッショイ♪ワッショイ♪」と、
御神輿が練り歩いていました。

そして生協病院にも祭りがやってきました!
ここ数年、毎年獅子舞と御神輿に来てもらっています。


今か今かと、一団の登場を待ち受ける一同。

待ち受けるみんな


玄関前にござを敷いて、
入院患者さんや、デイケアの利用者さん、
そして職員や地域の医療生協の組合員さんも
期待に胸をふくらませて待ちます。


そして、 いよいよスタート!!

スタート1


かなりの近さで舞ってくださいました。


大サービス

なかなかの迫力です。

そして、いよいよクライマックス。
獅子を退治しにきた狩人との対決!

対決


無事、獅子も退治することができました。

拍手!!!

しばらくすると今度は御神輿が登場。

おはらい


お祓いを済ませたら、
天高く神輿をかきます!
(伊予弁では持ちあげて運ぶことを「かく」と言います)



持ちあげる

ワッショイ!ワッショイ!

ありがとう


そして去っていく神輿とかき夫(担ぎ手のこと)のみなさん、
夕陽に向かって走り去る姿も勇壮でした。

ありがとうございました!!

こんな文化や共同を守り伝えられる、地域って大事。

青空の下、夢中でシャッターを切り続けたのはよかったのですが、
…日焼け止めとか、少しは塗っとくべきだったかな…
と、それだけが後悔のしまたでした。

秋の味覚

先週末、9月のせんろわきカフェを行いました

今回は、夏にやったことを振り返ろう!とゆうことで、
「全国医学生ゼミナール(略称:医ゼミ)」に参加された学生さんに、
その活動の経過と内容、その魅力について色々教えていただきました。
「全国医学生ゼミナール」は、民医連や医療生協の企画ではありませんが、
医療系の学生が主体的に運営する自主ゼミナールで、
ディスカッションを深めてレポートを練り上げる過程や、
楽しく準備する様子を教えていただきました。


その後は、今年度下半期のせんろわきカフェの計画を練りました。
家庭医療、ターミナルケア、スポーツ医学、原爆症、社会保障と貧困…etc.
興味や関心は尽きません…

その中でも選りすぐって、
色々な学習やフィールドワークに、取り組む計画をたてました。
また日程が決まったものから、こちらのブログでもご案内したいと思います


その後はみんなで晩ご飯、せんろわきカフェというより食堂

こちらが当日のメニュー

晩餐


西条の絹かわなすで作ったピザ(手前)が、
(自分で言うのもなんですが)美味!!

やっぱり旬のものはいいなぁと、
「食欲の秋」の訪れを感じた、しまたでした



 | HOME | 

プロフィール

eminirenigakusei

Author:eminirenigakusei
堀内です☆愛媛民医連で医学生さんの担当をしています。学習会や実習、楽しい企画など様々なことを投稿します。皆さんの参加もお待ちしています。 

clover-clock

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード