FC2ブログ

みかんの国よりこんにちは~医師をめざすみなさんへ

愛媛民医連・愛媛医療生協による企画の報告や紹介を行うブログです。

2018/8/25-26 水俣病現地調査in長島

 8月25日~26日、学生2名(6年生、2年生)と担当者1名で水俣現地調査に行きました。
毎年この時期に行っている現地調査は今年で36回目で、新潟・東京・大阪・愛媛・熊本・鹿児島から100人を超える参加がありました。
キャプチャ

1日目は大型バス4台で長島を一周しました。

キャプチャ2

鹿児島県長島は不知火海を挟んで水俣の対岸にあります。一つの島でありながら不知火海側と東シナ海側で救済地域内外に分断されています。島民の生活を歴史的に学びながら現地を視察しました。

キャプチャ3
行人岳から見た水俣

キャプチャ4
浦底港

キャプチャ6
夜の交流会

2日目は水俣協立病院の事務長さんと水俣生まれ水俣育ちの検査技師さんの2名に水俣市周辺の当時の生活や汚染の様子が分かる地域を案内していただきました。

キャプチャ8

キャプチャ7
チッソ水俣工場からの排水口のひとつの「百間排水口」

キャプチャ12
水俣病の第一号患者の届けがあった「坪谷」

キャプチャ15
重症の水俣病患者さんや胎児性水俣病患者も多くいた「茂道」、
水俣湾にたまっていた水銀ヘドロを集め埋立て地にある「水俣資料館」、
チッソ水俣工場正門と水俣駅の位置関係も視察しました。

水俣協立病院では水俣病検診を行っているとのことでしたが、その問診票には魚は一日どの位の器に何杯食べていましたか?というものがあるそうです。

【感想】
・教科書だけでは分からない情報を得ることができ貴重な経験となった。魚介類を中心とした生活を送っていたことや初患者は感染症病棟に隔離されていたこと、伝染するという誤った認識で差別を受けていた事を知った。資料館では水俣病発覚当時の医師記録や現在では少ない劇症型の患者の様子を知ることができた。今後働いていく上で「患者の背景もみる」ことを大切にするために必要な実際どのような背景が病気にはあるのかを体験することができた。

【感想】
・島からの景色や港を見て島の中を分けるものが無い事、海は繋がっていて汚染された魚は各地に遊泳していく事は誰が見ても分かるのに対応を分けた政府に憤りを感じた。長島も水俣も急な斜面に囲まれた小さな集落で、起きた被害で漁業で生計を立てるしかなかった人達にとって健康だけでなく経済的にも大変な損害であったことが分かった。埋立地の保護シートの耐久年数があと10年と知り水俣病問題はまだ終わっていないと感じた。

一緒に社会学習しませんか?
愛媛民医連の奨学金制度では経済支援は勿論、学習の機会も提供しています。
奨学金制度について★

2018/07/19 プラスチック汚染について

7月19日東温市の学生サポートセンターで線路わきカフェを行いました。学生2名の参加でした。

今回は最近ニュースでよく耳にするファーストフード店やコーヒーチェーン店のプラスチックストロー廃止の背景を学ぶため、DVD鑑賞をしました。


プラスチックごみは5%しかリサイクルされいない。

そして今、地球の海中には1億5千万トンのプラスチックごみが漂っている。

それを餌と勘違いして食べたり、プラスチックごみに絡まるなど約300種類の海洋動物が被害を受けている。

海に流れたプラスチックごみは数ミリ単位に細分化されたマイクロチップやマイクロビーズになり、有害化学物質を吸着しながら人間を含む食物連鎖に入ってくる。

細分化されながら何百年と消えないプラスチックごみは年々海に溜まり続けている。

これを海洋環境に危機だとし多くの国と地域でプラスチックごみの規制に動いている。

プラスチック製品製造過程で使用されるビスフェノールAやビスフェノールSが有害物質である報告もあり、世界では様々な規制や表示がされている。


一方、推進派の方々によるプラスチック製品の恩恵など言い分も。


最後にプラスチックごみの出ない街ぺンザンス(英) の使い捨てを止め再利用できる食器への変更や紙製のストローへの変更、でんぷんを素材にした100%生分解性の買い物袋の取り組みなどを観ました。

キャプチャ21
≪学生の感想≫
・日常生活の中でプラスチックを無くすことは難しいと思いますが減らしていく努力はできると思った。
・石綿や塩ビなど便利だともてはやさ、後に重大な健康被害を起こすと分かったものが色々あるが気付いた時に即時に対応する事が重要だと思った。

一緒に社会学習しませんか?
愛媛民医連の奨学金制度では経済支援は勿論、学習の機会も提供しています。
奨学金制度について★

2018/06/13 種子法廃止について~日本のおコメが食べられなくなる~

6/13(水)東温市の学生サポートセンターで線路わきカフェ(学習会)を行いました。
学生2名が参加しました。

今回は愛媛食健連(国民の食料と健康を守る愛媛県連絡会)事務局長の竹中隆さんをを講師に『種子報廃止について』レクチャーしていただきました。

奨学生会議

「○○のうまみの素は分かる?」と竹中さん。
「○○ですかねぇ、生化学で習った様な…」と学生さん。
「そうそうさすがじゃね、では、愛果28号ってわかる?」
「…?」
「紅マドンナの事で、品種名が愛媛果試28号。ではV2ってなんだと思う?」
「…?」
「品種名は愛媛農試V2号で伊予美人っていう凄く美味しい里芋のこと。その土地に合うよう品種改良し種を守り、農家にはいつも適正価格で提供しています。お米や麦もそんな風に改良されてきました。」一同納得しました!

種子法(主要農作物種子法)とは、国が予算を組み、稲、麦、大豆の品質を管理し安定的に供給できるように全国の自治体にサポートを義務付けた法律です。
2017年3月23日の通常国会でこの法律の廃止法案が可決され、今年4月より施行されました。
これにより各都道府県は主要農作物の種を守る義務がなくなりました。

(しかし、47都道府県すべてで自治体ごとに主要農作物採取事業要綱を策定し、それに基づいて事業を継続することとなりました。)


種子法廃止は民間企業の参入に繋がり、種の値段も米の値段も上がることになります。

現在の水稲種子の販売価格(20kgあたり)は、
「きらら(北海道)」7,100円、
「まっしぐら(青森)」8,100円に対し、
民間企業が品種改良した 「みつひかり(三井化学アグロ)」80,000円と約10倍です。
そして民間企業の場合は儲からなければ撤退してしまいます。

また多国籍バイオ化学メーカー『モンサント』の参入が危惧されます。
モンサントは、ベトナム戦争で枯葉剤を開発した会社で、今はラウンドアップという除草剤が主力製品で遺伝子組み換えの種子とセット販売も行っています。農薬企業が世界の種子企業を買収し、遺伝子組み換えの種子の導入を行い、農薬とセット販売をすることが目的です。

歴史を遡ると1品種のみの栽培のため国民の半数が飢餓で死亡した国、何百という多種栽培でウイルスにより大半の作物がダメになったものの1種のみウイルスに耐えられる種があり国民が助かったという話もあります。 

『食は命の根源。』種の多様性が人の命を守ることになります。

一緒に社会学習しませんか?
愛媛民医連の奨学金制度では経済支援は勿論、学習の機会も提供しています。
奨学金制度について>★


2018/03/07 軍事費について考えてみよう

3/7(金)重信の学生サポートセンターで線路わきカフェ(学習会)を行いました。
学生4名が参加しました。

今回は愛媛医療生協の倉田専務を講師に軍事費について学びました。

0307線路わきカフェ

日米安保条約とは何かから始まり、
世界の軍事同盟が次々に廃止されていく中、
日米同盟は強化され戦争する国づくりへ向かってること、

日本の防衛費の内訳、
思いやり予算の詳細、
数々の日本の被害(米軍機墜落、暴行、殺害など)
が紹介されました。

そして
「いのちを守る医療者は、いのちを奪う戦争を許さない!」
と締めくくられました。

◇学生の感想◇
・日本とアメリカの間での日本の立場の低さを感じた。米軍に対して支払っている額が日本だけ多いのも印象的だった。米兵による事件の多さにも驚いた。
・『おもいやり予算』に大変お金がかかっているとだけ聞くと、なぜ払うのを止めないのだろうと思うが、その背景にある条約、世界、日本の情勢を考えないと一筋縄ではいかない問題だと感じた。世界警察的な組織を作って各国の軍隊をなくす方が平和的、金銭的、その他の色々な面で良いのではないかと感じた。
・戦闘機一機に何百億という予算をかけていることに驚いた。相手の武力に負けないようにと際限なく軍事費をかけて武器を買っていくと終わりが見えない。これらの莫大なお金を少しでも日本の困っている人のために使われてほしいと思う。

次回は、“全国医学生のつどいin沖縄”(3/23-25)に参加する学生さんによる報告会を予定しています。 

一緒に社会学習しませんか?
愛媛民医連の奨学金制度では経済支援は勿論、学習の機会も提供しています。
奨学金制度について>★

2018/2/16所得の再分配について

2月16日(金)重信の学生サポートセンターで線路わきカフェ(学習会)を行いました。
学生4名の参加でした。

今回は冨長泰行さんによる『所得の再分配について』です。

216奨学生会議

まず、封建社会から資本主義社会へ移り変わり自由権と社会権が出来たこと。
初期の資本主義では自由競争により格差が拡大し、20世紀後半に民衆運動から福祉国家をめざす憲法25条が作られたこと。
1980年には新自由主義として規制緩和が行われたことなど歴史の話がありました。

次に事例やデータを用いた日本の格差現状が紹介されました。

ここから本番です。
0216スライド

「なぜ『所得の再分配』が必要なのか」から始まり、

所得の再分配の仕方4点
 ・租税制度による再分配
 ・社会保障制度のよる再分配
 ・労働保障制度による再分配
 ・優遇税制度による再分配)

0216スライド2
今回はその中の社会保障制度による再分配について深めました。

税のあり方
①所得税
②法人税
③消費税

保険料のあり方
①医療保険
②介護保険

上記2項目のそれぞれの役割の説明と税収の推移、保険料負担金額の過去と現在の比較表を検証しました。
また、利益を求める民間保険と公的責任で行う社会保険を考え、最後に『私たちのめざす福祉国家像』で締めくくられました。

“福祉を削って軍事費に使われる”という記事を見る事があります。
次回は『軍事費と思いやり予算について』をテーマにしています。 

一緒に社会学習しませんか?
愛媛民医連の奨学金制度では経済支援は勿論、学習の機会も提供しています。
奨学金制度について>★

2018/1/17生活保護制度について

1月17日(水)重信の学生サポートセンターで線路わきカフェ(学習会)を行いました。
いつも参加の学生4名と新しく5年生1名の参加がありました♪
この5年生は参加学生さんと同じポリクリ(見学型臨床実習)班でした。

奨学生会議
今回は上城統士医師を講師に『生活保護制度について』です。
11月の勉強会で問題提起された『所得の再分配』を勉強する(2月予定)ための前段として、上城医師が担当されている、子ども2人を抱えたシングルマザーの症例を考えました。

学習会は上城医師の「今、僕が抱えている患者さんで、何が出来るか悩んでいます。何が出来るか一緒に考えてください」と始まりました。

診断や治療方針の紹介のあと、
「何が気になりますか?」

家族状況、経済状況、生活状況の紹介と経過が話され、
「この方の生活を支えるためにどんな手段があるのでしょう?」

と合間で学生に意見を求めながら進めていきます。

特に2人の子ども達に何が出来るかを考える中で
学生から
10月に学んだ制度が使えないか」
11月に行ったような子ども食堂は利用できないか」
など今までに学んだ事を活かした意見が出されました。

症例報告は続きます。
生活保護制度を利用することを勧め、当院のソーシャルワーカーと生活保護申請に行き受理されます。
しかし、その後本人が保護申請を取り下げてしまったと市より連絡が…
なぜ???

理由
①車を持てない、車を売るように促された。
車がないと子どもの通院が困難、
  親も自分名義の車で生活をしている。
②仕事をしないように言われた。
  仕事をしないと保育園を利用できない。

その後、なんとか仕事も決まり、就労収入と児童扶養手当で生活していく予定となった。

生保

次回のテーマは 
『そもそも所得の再分配ってなに?』です。


一緒に社会学習しませんか?
愛媛民医連の奨学金制度では経済支援は勿論、学習の機会も提供しています。
奨学金制度について>★

2017/11/28 臨床推論~主訴 嘔吐~

本の症例の臨床推論では限界があり、実際の医療現場の症例で
臨床推論学習会をしてほしいとの医学生の希望から
久しぶりに愛媛生協病院の原穂高先生講師による学習会が開催されました。

愛大医学部4年生2名と水本潤希先生、職員4名が参加。


救急搬入された89歳女性患者さんの症例、主訴は「嘔吐」。
現病歴や問診・所見から考えられる病名を医学生たちが推測します。

臨床推論
「じゃ、次にどんな検査をする?」と原先生から質問。
学生さんが頭をフル回転させて返答。
それに対し「それは何を鑑別するため?」
病名や原因を突き止めていきます。

腹部
検査データ、画像も一緒に見ながら少しずつ解明されていきます。
腹部CTの画像から最後の推論。
大きな影は血液の塊か腫瘤か?
どんな風にCTを見ればそれが判明するかも一緒に考えます。

原医師より診断後の患者さんの治療、経過の報告がされ学習会は終了しました。

また学習会を計画する予定です。


奨学金のご案内
病院実習のご案内

2017/11/15子どもの貧困~まつやま子ども食堂代表の方と会う~

11月15日(水)松山市鉄砲町にある子ども食堂『そらいろのたね』へ学生4名、職員4名で
まつやま子ども食堂の代表でもある野中玲子さんのお話を聞きに行きました。


子どもの権利条約
子どもの貧困の実態をデータや症例の報告の後、子どもの権利条約の紹介がありました。

『母が元気で安定していることが子どもの笑顔を作る』という考えの下、シングルマザーの支援も行っているとのこと。
シングルマザーであることを負い目に感じる母が子どもを運動会に行かせない話、夫のDVから逃れるために、たびたび引っ越しを行った結果、転校の多かった子どもは大人になっても小学校低学年の知識しかなく就職が困難な話などの症例が話されました。

また、スライドで無職のひとり親世帯が働き始めると、日本に限っては所得が減るというデータの紹介があり、学生さんは大変驚いていました。「なんでこうなっているか、みんなに宿題ね」と言いながら、所得の再分配が上手くいっていない現状の話がありました。

まつやま子ども食堂の活動や関わっている方々の紹介、また寄付で食事が提供できていることの話のあと、まつやま子ども食堂は生活困窮者の相談窓口や食料支援物資の受け渡し場所であるものの対処療法でしかないこと、一方で市民の声を行政に届け、少しずつ社会を変えていく事の大切さも伝えられました。現在は4か月に1回の手当の支給を毎月支給にしてくれるよう請願をしているとのことでした。

食事
お話のあとは、有機食材を使った食事を皆でいただきながら質疑応答がありました。


野中さんから医学生の皆さんへのメッセージ
 『子どもや家庭の不穏に気づきやすい職業だと思います。
 どうか「あれ?」をないがしろにせず、
 「変だな」の感覚を信じて動いてくれるお医者さんになってほしいです。』


今回はお話を聞いただけでした。機会があれば子ども食堂にボランティアさんとして
参加しても良い経験になると思います。

2017/10/19 子どもの貧困~政府が行っている政策を考える~

10月19日 18:00~20:00 愛媛大学医学部の学生を対象に勉強会をしました。

前回に続き、学習のテーマは『子どもの貧困』です。
今回は、政府が行っている制度を考えました。
講師は同じく、愛媛生協病院の弘中ソーシャルワーカーです。

学習会

最初に、前回の復習を兼ねて、症例紹介と共に「親の貧困が子どもを貧困に陥らせる」といった貧困の連鎖について考えました。次に宿題にしていた「子どもの貧困に使える制度」について学生よりそれぞれ報告がありました。
調べていく中で、かなり複雑で分かりにくい制度だという実感があったようです。

弘中ソーシャルワーカーから制度の内容(教育支援・経済支援・生活支援・就労支援)の補足がされた後、制度を利用する際の様々な弊害について紹介されました。
ひとり親世帯へは毎年『ひとり親世帯のしおり』が送付されますが、しおりを読み込み自分でリサーチして申請しなければなりません。
教育支援はあるけれど、学校教員からの案内はありません。
就労支援はあるけれど、給付金をもらうには条件があります。

最も支援が必要な方達には届かない制度です。

「国は財政問題で払いたくないのかな」
「利用できる制度をコンサルトしてくれる窓口があればいいのに」
と感想が出ました。


愛媛生協病院では無料・低額診療事業の制度を実施することにより、子どもの貧困を発見し支援に繋がるケースがあります。
地域には、支援しにくい貧困を危惧し見かねた一般市民がはじめた『子ども食堂』があります。
次回はそこの代表の方のお話を聞く予定です。

2017/9/21 子どもの貧困~あなたのまわりにある貧困~

9/21(木)18:00~20:00 愛媛大学医学部の学生を対象に勉強会をしました。


月1回のペースで、学生さんの気になるテーマを取り上げ
勉強会をしています。


今回の学習のテーマは『子どもの貧困』です。

貧困を身近な問題として捉えるために、
サブテーマ『あなたの周りにもある貧困を考える』として、
愛媛生協病院の弘中ソーシャルワーカーを講師に迎えました。

弘中SW 貧困について学習

まず、それぞれの貧困のイメージを出し合いました。

「衣食住に困っている」
「おもちゃを我慢」
「大学進学を我慢」 など。

そして、自分たちが小学生だった頃、同じクラスに貧困の子はいたかな?
と記憶をたどります。
「そういえば、いつも同じような私服を着ていた子がいたな」。


次に、NPO法人自立生活サポートセンターもやいの設立者 
湯浅誠さんが言った「溜め」の考え方を学びました。

・金銭的な「溜め」
・人間関係の「溜め」
・精神的な「溜め」

「溜め」が無い人は
①教育
②雇用
③家族
④制度
⑤意欲
から排除され貧困が固定化するということ。

もし自分たちがある日突然交通事故に遭い
障害を持ったことで仕事ができなくなったとしたら?

自分たちにはどんな「溜め」があるかを考えました。

「親に相談する」
「貯金でやりくり」
「残った能力でできる仕事を探す」 など

子どもの貧困率や相対的貧困率、大学進学率など数字的な説明のあと、
目に見える貧困は少なく、目に見えない貧困が多くなっている
現状の紹介がありました。



「『溜め』がないと不測に事態に対応
できないため貧困になると分かった」

「クラスが高校受験に向けて頑張っている中、
全然勉強しない子や意欲が無い子がいた、
それは貧困によるものだったのかもしれないと思った」

貧困は自己責任ではなく、育った環境の影響が多い
と分かったところで、
「SDH(健康の社会的決定要因)の考え方だね」
と感想がありました。

学生勉強会

貧困に陥った場合に利用できる社会保障が色々あります。

次回はその内容を学びます。

 | HOME |  »

プロフィール

愛媛民医連 医学生

Author:愛媛民医連 医学生
堀内です☆愛媛民医連で医学生さんの担当をしています。学習会や実習、楽しい企画など様々なことを投稿します。皆さんの参加もお待ちしています。 

clover-clock

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード