みかんの国よりこんにちは~医師をめざすみなさんへ

愛媛民医連・愛媛医療生協による企画の報告や紹介を行うブログです。

20180612 連続学習講座②臨床推論

6月12日、愛媛生協病院で水本潤希医師による臨床推論の学習会が開催されました。
愛媛大学医学部の3名(6年生1名、5年生1名、2年生1名)の学生の参加でした。

この日は、臨床推論学習会初参加の2年生を中心に学習会は進みました。

まず水本潤希医師より「今日は普段僕が診察室でどんな風に考えながら患者さんと話をしているかを見てもらいますね」と挨拶がありました。

臨床推論3

1例目
60歳代 男性 主訴:咳が止まらない
「この人に何を聞きたいですか?」と水本医師。
学生は思いつくまま答えていきます。
2年生が答えに困ると5.6年生がアドバイスをします。
現病歴・既往歴・社会歴・家族歴を聞きました。

次に鑑別のための質問をします。
「この人はどこが悪いのだと思いますか?」
「病名が当てる事が重要ではないので器官で答えて大丈夫ですよ。」と水本医師。
疾患を思いつく学生は疾患名を、低学年は「のど」「肺」など答えていきます。
学生が答えるたびに、なぜそう思うのかという質問をし、学生の答えに補足の説明がありました。
その後、水本先生が実際に行った対象法と診断名が告げられました。

臨床推論2


2例目
50歳代 女性 主訴:咳が止まらない
明け方4時頃に上記の訴えで来院したケースです。

今回も学生と考えていきました。

最終的に問診と身体診察で緊急性があると判断し、手術の可能な大病院へすぐに転送し、その日のうちに手術となり大事にいたらなかったケースだったと水本先生よりお話がありました。この時、水本先生が行った検査は心電図だけだったそうです。いかに問診が大切が分かります。


学習会の最後に水本先生から
「知識が大事なのではなく、『何故そうなるのか、何かあるはず』と患者さんに対して一生懸命考えることが大事です」
「同じような主訴でも判断が違う事あり、緊急性がないとは限らないことを意識しておかないと大変なことになる事があります」
とアドバイスがありました。

臨床推論1


☆次回以降の予定☆
6月20日(水) エゴグラム診断(心理性格診断)/講師:上城統士医師
7月 4日(水)  心電図と血圧/講師:尾崎達哉医師
7月 未定   身体診察/講師:藤原匠平医師

それぞれ時間は18:00~20:30
      場所は愛媛生協病院

どの学年でも参加できます。
興味のある方はお気軽にお問合せくださいね(*´﹀`*)


お問い合わせはこちらまで

20180518 連続学習講座①縫合体験

2018年5月18日、愛媛生協病院で主に医学部1年生対象の連続学習講座の第一弾が開催されました。


第一弾は縫合体験。

まずは、外科の塚本尚文Dr.から道具と糸の説明を受けました。
それから、人工皮膚を使用して縫合の練習です。

hougou.png
先生からお手本披露

鳥縫合
縫合挑戦

縫合鶏肉
人工皮膚の次は鶏肉で挑戦。

人工皮膚と違って扱いにくそうです。
先生からアドバイスをもらいながら何度も挑戦しました。

鶏肉縫合2
先生に縫い目をチェックしてもらいました。


担当者も縫合体験に挑戦しましたが、とてもとても…

学生さんはさすが医師を目指すだけあって、短時間でとてもキレイな縫い目ができていました!

翌日から学祭だったためか参加は1名でしたが、
とても充実した時間を過ごせたようです٩(๑>∀<๑)۶

☆次回以降の予定☆
6月12日(火) ドクターG/講師:水本潤希医師
6月20日(水) エゴグラム診断(心理性格診断)/講師:上城統士医師
7月 未定   心電図と血圧/講師:尾崎達哉医師
7月 未定   身体診察/講師:藤原匠平医師

それぞれ時間は18:00~20:30
      場所は愛媛生協病院

どの学年でも参加できます。
興味のある方はお気軽にお問合せくださいね(*´﹀`*)


お問い合わせはこちら

2018/04/04心エコーレクチャー

 4月4日、愛媛大学医学部4年生の学生が心エコーのレクチャーを受けるため愛媛生協病院へとやってきました。
 授業で配布された資料を持参していました。

 被検者と施行者を臨床検査技師が担当しました。学生さん持参の資料に沿って尾﨑達哉医師より解説がされました。水本潤希医師も参加し、時折質問を投げかけていました。
その後、学生さんのも心エコーを当ててみました。当てる角度や力加減は難しそうでしたが貴重な経験となったとようです。

◇感想◇
・実際にエコーの画像を見ながら解説していただき何を見ているのか理解しやすかったです。よく分かっていなかった心電図の切り方、その意味など多くの事を知ることができました。

2018/3/19 胃カメラレクチャー

愛媛大学医学部3年生の学生さん。
「胃カメラしてみたいんです」という一言で今回の実習が決まりました。

患者さんの大変さを理解するため、内視鏡検査を解除する看護師も内視鏡検査を経験するのだそうです。

胃カメラ1
今回は鼻腔による内視鏡体験をしました。

尾﨑達哉先生から解説を聞きながらの検査。
余裕があるようで、受け応えや質問をしていました。

胃カメラ2
合い間で内視鏡操作も試してみました。
「このボタンを押すと水が出る、ここを押すと空気が入る…」
体感するので感動も大きいようです。

胃カメラ3
検査後、尾﨑達哉先生から改めて検査のポイントを教わりました。

経口からの胃カメラも体験したいとのこと。
はい!ぜひぜひ~。またの来院お待ちしてます '∀'o)ノ))

実習のお申込みはこちら
奨学金のご案内はこちら

2015/3/19回診同行

3月19日、愛媛大学医学部に入学が決まった学生さんが見学にきてくれました。
医師の病院内での仕事の流れを知りたいとの事でした。

この日は初期研修1年目で救急研修中の佐伯先生と整形外科医の小西先生の病棟総回診に同行しました。

電カル見学
佐伯医師よりカルテの見方のレクチャー

T君総回診
小西医師の回診で処置にも同行

【感想】
・実際に患者さんのカルテを見せていただきながら、患者さんを治療していく一連の流れを学ぶことができました。
・沢山の患者さんを回診しなければいけないのに一人ひとりの患者さんの向き合って治療にあたられている姿が心に残っています。

次回は手術見学の希望をされています。
今度は夏休み頃かな♪
実習お待ちしてます(*´∀`)ノノ

実習のお申込みはこちら
奨学金のご案内はこちら

2018/03/15入学前実習(訪問看護同行)

愛媛大学医学部医学科に入学が決まった学生さんが、入学前実習として訪問看護に同行しました。

この学生さんは高校生時代に愛媛生協病院で開催された高校生一日病院体験や模擬面接会に参加してくれた学生さんです。

この日の訪問看護では2軒、3名の患者さんを訪れました。
訪問先のお宅には医療機関には当たり前に置いてある介護用品などありません。
どのご家庭にもあるもので代用できるよう、看護師のアイデアいっぱいの介護グッズを持っていきます。

訪問看護

必要とあれば家の片づけまでするスタッフの行動力、患者さんの状態をよく把握している看護師、そして医師との連携。多くの事を学んでもらったようです。


医療機関には沢山の職種がいます。
学生の間にいろいろな職種の業務体験をしておくのも良いかと思います。

また来てくださいね~
職員一同、お待ちしてます(*´∀`)ノノ

実習のお申込みはこちら
奨学金のご案内はこちら



2018/3/13 臨床推論学習会in愛媛生協病院

原穂高医師(愛媛生協病院 内科家庭医療科)による臨床推論学習会です。

実際の症例をもとに、患者さんの主訴や症状などから、その患者さんの体内で何が起こっているか、その原因を突き止めるための考え方やプロセスを学びます。

愛媛大学医学生5名(新6年生:2名、新5年生:3名)と、看護師をはじめ4名の職員も診断の過程を学びたいと参加しました。
 

お題『外来 60歳代女性 主訴:動けない、ぼんやりしている』

主訴から推測される病名を緊急性の高いものから学生に挙げてもらいます。

臨床推論
脳梗塞・大動脈解離・AAA(腹部大動脈瘤破裂)・意識障害など。
次にバイタルサイン・既往歴が提示、更に検査結果から病名が絞られていきます。

救急医療の分野で用いられる意識障害の鑑別診断方法「AIUEOTIPS(あいうえお チップス)」をホワイトボードに書き込んでもらいました。学生・職員参加型の学習会で学生の日頃の学びの成果が如何なく発揮されました。

臨床推論2
先輩(左)からレクチャーしてもらっています


臨床推論3
ファイナルアンサー  

 『低血糖による意識障害』の確定診断に至るまでのプロセスと意識障害を引き起こすものとして、他に何があるか様々な視点で探ることができました(*´ω`*)

愛媛生協病院では病院実習も受け入れています。
興味のある方は下記よりご連絡ください。
実習のお申込みはこちら
奨学金のご案内はこちら

2018/3/9救急実習

春休み中の学生さん(愛媛大学医学部新5年生)が救急準夜実習に来てくれました。

塚本先生2
小児科・外科・内科・家庭医療科での見学

迅速検査
インフルエンザの迅速検査の見学

佐伯先生2
初期研修1年目の佐伯佳央里先生と。

何度も救急実習に来ているので顔馴染のスタッフも多く
「春から5年生?早いねぇ」
「研修先は決めたの?」など会話も弾んでいました。

引き続き、愛媛生協病院に足を運んでもらいたいです。

【感想】
コミュニケーションと丁寧な説明は救急の現場でも重要、看護師さんの患者さんへの接し方から学ぶべき点が多い、臨機応変な対応と情報処理に長けてないと難しいことが多い、先生方とのディスカッションが有意義だった。


またの実習、職員一同お待ちしてます(*´∀`)ノノ

実習のお申込みはこちら
奨学金のご案内はこちら

2018/1/22整形外科外来診療見学

愛媛大学医学部医学科4年生の学生さんが実習に来てくれました。
中学生の頃から野球部に所属し、現在は主将として頑張っています。
過度の練習で何かと怪我も多く普段から整形外科にお世話になっています。
そんな彼からスポーツ整形の見学希望があり、森実和樹先生の夜間診療を見学しました。

晴希4
晴希望6

外来診察見学前に医局で電子カルテの見方のレクチャーをしました。
本日受診の予約患者さんのカルテもチェック。
疾患名や血液検査データなど、分からないものはその都度スマホで検索している姿は印象的でした。

晴希
MRI室では、ちょうどこれから整形外科受診の患者さんの撮影が行われていました。
技師さんから説明を受けながら見学させていただきました。

さあ、いよいよ、外来見学です。
リウマチの診療、変形性膝関節症の患部の触診体験、関節注射の手技、エコー下での注射を見ることができました。
また、この日でフォロー終了となった頸椎ヘルニアの患者さんの治療前治療後のMRI画像について丁寧な説明を受けました。

晴希1
最後の患者は、膝の痛みが主訴の12歳の男の子。
診察前のMRI撮影の様子や診察室ではエコーを使用した診断を見ることができました。

頸椎
診察後は森実先生自らの頸のエコーをしながら解説をしてくれました。

【感想】
 4年生になって少し勉強してきたのもあり知っている怪我や検査が多く復習にもなった。何といってもエコーがすごいと思ったし将来的には自分でもできるようになりたいと思った。見学はすごく楽しくてスポーツ整形にかなり興味がでてきた。また、実習させてください。


はい!ぜひぜひ~
またの実習お待ちしてます(*´∀`)ノノ

実習のお申込みはこちら
奨学金のご案内はこちら

2018/1/18 OSCE対策講座

1月18日(木)18時~愛媛大学医学部の4年生を対象にOSCE(客観的臨床能力試験)対策講座を行いました。
4年生にとって進級に関わる大事な試験の一つで、学生の希望で3年前から行っています。

今年は、3名の4年生と患者役で5年生1名も応援に駆け付けてくれました。
3ブース、各10分実技5分振り返りで行いました。

医療面接
医療面接

osce.png
胸部診察

osce塚
腹部診察

oSCE1.png
対策講座後、医師5名、学生4名、事務5名で振り返りと交流を行いました。


奨学金のご案内はこちら
病院実習のご案内はこちら

 | HOME |  »

プロフィール

eminirenigakusei

Author:eminirenigakusei
堀内です☆愛媛民医連で医学生さんの担当をしています。学習会や実習、楽しい企画など様々なことを投稿します。皆さんの参加もお待ちしています。 

clover-clock

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード