みかんの国よりこんにちは~医師をめざすみなさんへ

愛媛民医連・愛媛医療生協による企画の報告や紹介を行うブログです。

♪1/10えひめ医系学生のつどい

こんにちは(*^^)v

小笠原です☆

1/10(土)、えひめ医系学生☆新春のつどいを東温市の利楽で開催!

医学生7人、薬学生2人、看護学生2人、職員11人が参加しました。

まずは学生の学びからの発表会!

「国別医療」や「路上生活者支援からの学び」発表。

そして、2014年愛媛大学社会医学実習で行った

「経済格差と二型糖尿病」の研究発表がありました。

生協病院ソーシャルワーカーからは

無料低額診療事業の内容や、症例報告もありました。

班ごとにディスカッションを行い模造紙に

まとめ発表しました。充実したつどいでした!


夕食後は、懇親会でウクレレ披露や

NPT参加にむけての職員報告、

そして愛媛大学医学部1年生が副実行委員長を務める

「中四国医系学生のつどい」の参加について

学生から案内もありました!

その後は、温泉

リフレッシュと学習ができ充実した一日でした。

20150110えひめつどい

おしまい♪

♪えひめ医系学生のつどいIN今治

こんにちは!

小笠原です☆

9/6(土)~7(日)に、

愛媛医系学生のつどいを今治で開催しました。

医学生7人、薬学生4人、看護学生3人、

職員9人が参加し、学びと交流を深めました。

6日は、今回のテーマである「無料低額診療事業と

SDH(健康の社会的決定要因)について」を

愛媛生協病院のソーシャルワーカー永野さんに

お話ししていただき、無低診の制度や事例、

そのほかの社会保障制度の知識を学びました。

なぜ無低診を利用しているのか、なぜその病気になったのか、

患者さんの生活ぶりや仕事を見つめながら、ディスカッションをしました。

そのあとは、スポーツ交流!

ソフトバレーボールとフットサルを通して、班の人と親睦を深めました。

20140906ブログ用つどい1

7日は、学生発表!

医学生:「震災ボランティアに参加して」

薬学生:「薬学夏の学校に参加して(原発FW)」

看学生:「DANS(看学生のつどい)に参加して(岩国基地FW)」

みなさん、充実した夏を過ごされていました。

次に、ディスカッション !

学生が学んだことをもとに、討論ポイントを提起し、

班ごとにディスカッションをしました。

実習でであった患者さんの症例を通して、

糖尿病をSDHの観点から考えたり、

医ゼミに参加した学生からは医ゼミの

活動報告をしながら平和の概念について、事例を挙げながら考えました。

普段は学部や職種を越えた交流ができいい刺激になったようでした。

医薬看合同の企画は好評でしたので、

今後も引き続き企画を立てていきたいと思います(*^^)v

20140906ブログ用つどい2

おしまい♪

えひめ医系学生のつどい

9月14日~15日に「えひめ医系学生のつどい」が開催されました。

医系学生のつどいには、医学生・看護学生・薬学生さんたちが

参加してくれました。

病院職員も医師・看護師・薬剤師が参加をして一泊二日で学習と交流を深めてきました。

今回のつどいのテーマは「認知症」をテーマに医師・愛媛医療生協の組合員さん・愛媛県の

認知症サポータ養成講座から講師を招いての学習でした。
IMG_1335_convert_20130920114517.jpg
司会をおこなう看護学生さん。

「認知症」についての学習講師は愛媛生協病院のウエシロDrでした。
IMG_1336_convert_20130920114825.jpg

その後は、「安心してくらせる街づくり」というテーマで

地域の中で、認知症についての学習や予防活動を広めている

愛媛医療生協の組合員さんから活動報告をしてもらいました。
2013_convert_20130920114740.jpg

学習講演や活動報告のあとには、スポーツ交流をおこない

学生さんと職員が混じってのドッチボールとかして
IMG_1345_convert_20130920114914.jpg

夜は、温泉で汗を流して夕食交流などなど

二日目は、医学生・看護学生・薬学生たちから学習報告をしてもらいました。
055_convert_20130920124307.jpg
医学生は「終末期医療について」。看護学生は「精神科医療について」

薬学生は「薬害根絶デーのつどい報告」という内容でした。

その後、愛媛県の認知症サポーター養成講座の講師の岡村和典さんから

サポーター養成の講演をしてもらいました。
021_convert_20130920124217.jpg
この講座を受けると認知症サポーターと認められます。

認知症サポーターは認知症を正しく理解して地域の中で自分の出来る範囲で手助けや活動をおこなう

人のことです。

学習も交流も満載の企画でした。

IMG_1341_convert_20130920115013.jpg

タニ でした。

2月25日

2月25日に愛媛生協病院の会議室で、

第2回目の医系学生の学習企画を「福島の実態と原子力について」という

題名で開催しまいた。医学生が1名、看護学生4名、薬学生が1名参加!!

今回の学習会では、福島から愛媛県に避難されて農業を営んでいる

渡部寛志さんから、福島から避難された経過や一時帰宅をされた時の様子などを

お話してもらいました。
P1160668_convert_20120227094901.jpg

渡部さんのお話の中で、福島から愛媛に避難をしていることに葛藤を抱えていたことや

あの震災や原発事故がいかに、多くの人から故郷を奪い、家族や地域のコミュニティーを

バラバラにしたかと言うことを伝えてもらいました。

その後、愛媛大学の伊方原発を考える会の酒井恵さん(愛媛大学4年)に活動報告をしてもらいました。

P1160680_convert_20120227094952.jpg

参加した学生たちからは、様々な質問が飛び交い・・・
P1160686_convert_20120227110608.jpg

その後のSGDでも、意見交換は盛り上がりました。
P1160689_convert_20120227110817.jpg

その後は、学生たちと一緒にお鍋を作成して
P1160702_convert_20120227110923.jpg

美味しく食べました。

次回は、どんな学習会、お楽しみに会になるか??
P1160708_convert_20120227111046.jpg


タニ でした。

2月25日

2月25日に愛媛生協病院で

「福島の実態と原子力について」という内容で


学習講演を開催します。
SC35312021313430_convert_20120213134532.jpg

当日は、福島から愛媛に避難生活をされている方に

福島の現状や一時帰宅の時のお話などを聞かせてもらう予定です。

興味のある皆さんは、ぜひ参加して下さい!

タニ でした。

クオリア

やっと・・・・

やっと・・・・

ある企画が終わりました。

9月17日に愛媛生協病院で医療系学生合同学習企画、

「愛媛の松山で震災医療と戦争について考える」が開催されました。

この学習会には、医学生・看護学生・薬学生が参加してくれました。

愛媛では、今回の震災で宮城県にある坂総合病院に医師や看護師などを

支援チームとして派遣をしてきました。

支援チームに参加した、医師・看護師・事務がそれそれの視点から

医療支援の報告と被災地の現状を学生たちに話してくれました。

CIMG0618_convert_20110930102105.jpg
ハラDrは家庭医として、避難所での診察を中心に

CIMG0623_convert_20110930102204.jpg
ワタセNsは、被災した病院での病棟業務と避難所訪問を中心に

CIMG0630_convert_20110930102258.jpg
事務(ジムⅡ)のシマタさんは、避難所訪問チームの事務局としての活動を中心に

それぞれの、立場でどのような支援をおこなってきたかを報告してくれました。

学生の感想からは、

「医療の視点からみると、患者さんが沢山いたり、足浴していたり、簡単に仕切られた診察室が
 
 あったり、初めて知ることが多かったです。街並みが津波で流されて、土台だけになっている

 光景をみて、一瞬で何もできない状態になったのだと思うと、自然の恐ろしさを知りました。

 自分にできることを考える機会となりました。」


その後、企画は午後のプログラムに移ります。

午後は、生憎の大雨でしたが・・・・・・・・

松山市にある戦跡FWに出かけました。

平和委員会の方にガイドを依頼して

CIMG0652_convert_20110930103646.jpg

松山空港の近くにあるえんたい壕の見学。

えんたい壕とは、旧日本軍の航空戦闘機を格納するものです。

松山市には現在では3基のえんたい壕が残っています。

その後、ロシア人墓地に足を運びました。
DSC00829_convert_20110930102619.jpg
ロシア人墓地は、日ロ戦争でで日本軍の捕虜となった

当時の松山では、捕虜は罪人ではない。祖国のために奮闘して敗れた心情を汲み取って屈辱を与えるような

行為は慎んでいたということです。生活も、ある程度の自由が認められており当時の松山市民と交流なども

あったそうです。

学生の感想からは

「今日行ったところは、2ヵ所とも存在さえ知らなかった。松山で生まれ育ったのに松山にある戦争の

 跡を知らなかった。戦争は身近なところで起きていたのだということを改めて認識した。」


後の後FWが終わった後には、最初は緊張していた学生たちも
DSC00842_convert_20110930102842.jpgDSC00840_convert_20110930102726.jpg
DSC00844_convert_20110930103219.jpgDSC00843_convert_20110930102944.jpg

緊張がほぐれてきていい笑顔です!!

その後、医学生・看護学生からこの夏までに自分たちの活動や学習についての報告をしました。

DSC00856_convert_20110930103112.jpg
医学生からの「原発についての学習報告」です。

ポスターを持っていた担当者は長時間上記の姿勢制御をおこなったので、

終盤は腕がプルプルしました。

CIMG0674_convert_20110930102346.jpg

看護学生からは、「安全な出産をするために」というテーマ学習報告をしてもらいました。


夜は、楽しい交流会!!

CIMG0688_convert_20110930102458.jpg
オカリナ隊の演奏もあり、

DSC00864_convert_20110930103330.jpg

楽しい夜は過ぎて行きまふ。

最後はみんなで記念撮影
CIMG0695_convert_20110930103421.jpg


次はどんな企画が飛び出すのでしょうか???


タニ でした。




学んで、見て、感じて

すっかりご報告が遅くなってしまいましたが、

以前このブログで紹介した、「別子合宿」行ってきました!

1日目はまず学習、最初に振動病の元患者さんのお話を聞きました。

新土居

続いて、治療とともに労働災害としての実証と運動にをすすめた医師の講演

永瀬先生

「患者さんたちの運動がなかったら」「協立病院や先生たちがなかったら」

互いへの尊敬と感謝が語られていたことが印象的でした。

患者と医師の間に、深い信頼関係と“絆”をみた気がしました。


そして2日目は、フィールドワークです。

第4通洞 第4通洞前

別子銅山の跡を見学したり、

削岩機塚本先生

振動工具を実際に体験したりしました。


最後はオマケ~ナゼか、もんじゃ焼きを食べて締めました。

もんじゃ必死 もんじゃ完成

もんじゃ初体験も多く、みんな無言…集中…でも結構うまくできたんじゃないかな。

楽しい2日間で、机で学ぶことと実際に行って、見て、感じること。

両方できるのがやっぱりいい!そんな感想が聞かれました。

また夏もやりたいな…密かにたくらんでいる、以上しまたでした。

その名は「別子合宿(べっしがっしゅく)」

「だんだんとあたたかくなってきたな~」と思ってたら、
先週末から愛媛にも雪が舞ってます…そろそろが恋しい…

今回は企画のご案内です

3月最初の土日、医療系学生対象の合宿をします!
その名も
「別子合宿(べっしがっしゅく)」


日時:3月5日(土)午後1時~6日(日)午後1時
場所:愛媛医療生協院所、別子銅山周辺


「振動病」という病気を聞いたことがあるでしょうか?
「白ろう病」とも呼ばれ、高度経済成長期以降、
日本各地で削岩機など振動工具を扱う多くの労働者に障害をもたらしました。
当初病気の原因は不明で、患者は不安と痛み、そして困難な生活の中にありました。

今回は「振動病」をテーマに、医療者に求められる役割を学び、考えていきます。

内容:1日目…医師講演、元患者さんのお話、交流会
   2日目…別子銅山フィールドワーク
対象:医学生、医学部入学予定の新入生
参加費:2000円(食費・宿泊費込)
申込み:3月1日までに、下記連絡先へ
連絡先:shimata@ehime-med.org【当ブログ管理人 嶋田】
    愛媛医療生協089(990)8820【担当 谷、嶋田】
    ご不明な点や詳細についての質問もお寄せください。


ぜひご参加&お問い合わせお待ちしております~

 | HOME | 

プロフィール

eminirenigakusei

Author:eminirenigakusei
堀内です☆愛媛民医連で医学生さんの担当をしています。学習会や実習、楽しい企画など様々なことを投稿します。皆さんの参加もお待ちしています。 

clover-clock

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード