FC2ブログ

みかんの国よりこんにちは~医師をめざすみなさんへ

愛媛民医連・愛媛医療生協による企画の報告や紹介を行うブログです。

学んで、見て、感じて

すっかりご報告が遅くなってしまいましたが、

以前このブログで紹介した、「別子合宿」行ってきました!

1日目はまず学習、最初に振動病の元患者さんのお話を聞きました。

新土居

続いて、治療とともに労働災害としての実証と運動にをすすめた医師の講演

永瀬先生

「患者さんたちの運動がなかったら」「協立病院や先生たちがなかったら」

互いへの尊敬と感謝が語られていたことが印象的でした。

患者と医師の間に、深い信頼関係と“絆”をみた気がしました。


そして2日目は、フィールドワークです。

第4通洞 第4通洞前

別子銅山の跡を見学したり、

削岩機塚本先生

振動工具を実際に体験したりしました。


最後はオマケ~ナゼか、もんじゃ焼きを食べて締めました。

もんじゃ必死 もんじゃ完成

もんじゃ初体験も多く、みんな無言…集中…でも結構うまくできたんじゃないかな。

楽しい2日間で、机で学ぶことと実際に行って、見て、感じること。

両方できるのがやっぱりいい!そんな感想が聞かれました。

また夏もやりたいな…密かにたくらんでいる、以上しまたでした。

その名は「別子合宿(べっしがっしゅく)」

「だんだんとあたたかくなってきたな~」と思ってたら、
先週末から愛媛にも雪が舞ってます…そろそろが恋しい…

今回は企画のご案内です

3月最初の土日、医療系学生対象の合宿をします!
その名も
「別子合宿(べっしがっしゅく)」


日時:3月5日(土)午後1時~6日(日)午後1時
場所:愛媛医療生協院所、別子銅山周辺


「振動病」という病気を聞いたことがあるでしょうか?
「白ろう病」とも呼ばれ、高度経済成長期以降、
日本各地で削岩機など振動工具を扱う多くの労働者に障害をもたらしました。
当初病気の原因は不明で、患者は不安と痛み、そして困難な生活の中にありました。

今回は「振動病」をテーマに、医療者に求められる役割を学び、考えていきます。

内容:1日目…医師講演、元患者さんのお話、交流会
   2日目…別子銅山フィールドワーク
対象:医学生、医学部入学予定の新入生
参加費:2000円(食費・宿泊費込)
申込み:3月1日までに、下記連絡先へ
連絡先:shimata@ehime-med.org【当ブログ管理人 嶋田】
    愛媛医療生協089(990)8820【担当 谷、嶋田】
    ご不明な点や詳細についての質問もお寄せください。


ぜひご参加&お問い合わせお待ちしております~

«  | HOME | 

プロフィール

愛媛民医連 医学生

Author:愛媛民医連 医学生
堀内です☆愛媛民医連で医学生さんの担当をしています。学習会や実習、楽しい企画など様々なことを投稿します。皆さんの参加もお待ちしています。 

clover-clock

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード