みかんの国よりこんにちは~医師をめざすみなさんへ

愛媛民医連・愛媛医療生協による企画の報告や紹介を行うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第37回民医連の医療と研修を考える医学生のつどいFinal Quartar

 「第37回民医連の医療と研修を考える医学生のつどいFinal Quartar」に山梨県に行ってきました。学生は、愛媛大学医学部1名、職員が3名が参加しました。全体では、医学生が約130名、職員(医師、看護師、他職種、共同組織)等を合わせると約340名の参加でした。
 今回のテーマが「いのちの平等」~私たちは患者さんの願いをかなえたい~地域とともに歩む民医連の実践~です。はじめに城北病院 柳沢医師から「いのちの平等~実践から民医連を考える」と題して学習講演がありました。戦時中の平均寿命の短さ、東日本大震災の直接死・関連死の人数、福島の酪農家の自死などをあげ、改めて命の尊さ、大切さを深く考えさせられました。また、無産者診療所からはじまった民医連の歴史を学び、社会情勢や民医連がめざす医療と照らし合わせながら、医学生に問いかけていました。

【学生の感想】
事前課題で、「いのちの平等とは」何かを考えた時に、自分にとってそのときは、みんなが同じ状態(金銭面や身体面)などと思っていました。今回つどいに参加して180度くらい考え方が変わりました。今、思う「いのちの平等とは」幸せを感じるというのは人それぞれだからその人自身の生き方や死に方を選ぶことができるという事だと思っています。だからわたしが医師になった時に患者さんに出来る事は、その人にとって最善の選択を与えることなのかなと思いました。
 今回のつどいで学んだ事は、もっとたくさんの人とお話をしよう、ということです。一人で考えていると意見に偏りができてしまったり、その偏りに気づけなくなってしまっている自分がいる事に気づけました。多種多様な考え方があって、色々な社会状況や見方を知れました。それがとても楽しくてもっ色んな人の考え方を知ってみたい、という気持ちになりました。
山々
1490600250729.jpg

スポンサーサイト

10/9-10全国医学生のつどい

 10/9-10 第37回民医連の医療と研修を考える医学生のつどい」に静岡県伊東市に行ってきました。学生は、愛媛大学医学部 3年生と2年生の2名が参加しました。
 特別報告では、名古屋のNPO法人ささしまサポートセンターから様々な相談事例(末期がん・前科9犯・知的障害など)を通して、社会的に弱い立場にある人がたくさんいること、将来に希望を持てなくて、自殺や失踪する人が後を絶たないことを知ってほしいと訴えました。
 学習講演では、岐阜民医連の医師からホームレス支援を通して調査した結果、ホームレスには、知的障害や精神疾患の方が多いことや様々な理由から路上生活から抜け出せない理由があると報告がありました。
 学生からは、「テーマが大きすぎて、すぐどうこうできるものではないが、自分達が何ができるかちゃんと考えたい。」「貧困になる原因は、100%自己責任とはいいきれないと思うし、もっと社会全体で支えていく問題だと思います。」など感想がありました。討論時間では、活発な意見交換ができ、いろいろな
考えや思いが聞けてとても有意義な時間になったと思います。(^-^)/

♪3/24-26全国医学生のつどいin宮城

こんにちはヽ(^o^)丿

小笠原です。

2016年3月24日~26日、全国医学生のつどい春つどいが宮城県で開催され愛媛大学から3名の医学生が参加。全体では、新1年生17名を含め140名の医学生が仙台に集いました。

東日本大震災から5年経ちますが、被災地の現状を目の当たりにしました。震災当時に災害対策拠点病院としての役割を発揮した宮城民医連坂総合病院の矢崎医師の学習講演では、災害時に「医療者」としてどうあるべきか、災害によって困難を抱えている地域や人々にどう寄り添うべきかを考える機会になりました。

フィールドワークは、津波から奇跡の生還を果たした組合員さんとの交流、仮設住宅に住んでいる方のお話、津波で甚大な被害を受けた小学校の見学、福島第一原発事故で避難区域に指定されている地域の訪問など。

被災地の現状を知り、災害を平和でない状況として捉え、医学生として医師として何ができるのか、寒空の下でしたが熱く語り合えた、学びの多いつどいでした。えひめでも報告の機会を設け、考える機会にしたいと思っています。

20160324-26全国つどい

おしまい♪

♪全国医学生12月つどい

こんにちは(*^^)v

小笠原です☆

12/19~20、横浜にて「全国医学生12月つどい」が開催され

愛媛大学から2人の学生と職員2人が参加しました。

テーマは「医師として働くということ」。講師は川崎協同病院の和田浄史先生。

自分のやりたいこと、地域の患者さんのニーズ、どちらを優先させるか、医師の使命とは何か考えました。

つどい終了後は、愛媛民医連と神奈川民医連合同の基地フィールドワーク!

神奈川平和委員会の方に、横須賀基地とその周辺で起こった米軍による犯罪の現場を案内していただきました。

基地を観光スポットとして急成長した企業と、米軍による犯罪が起こっている横須賀の光と影をみました。

20151219-20全国12月つどい

次回はつどい本番!2016年3月24~26日宮城県で開催されます。

みなさん一緒に参加しませんか!?

おしまい♪

♪10/3-4全国医学生10月つどいIN滋賀「医療格差について」

こんにちは(^-^)

小笠原です★

10/3(土)~4(日)に琵琶湖グランドホテルで開催された全国医学生10月つどいに、愛媛から医学生2人、職員2人で参加しました。
テーマは「医療格差」!妊婦の救急車たらいまわし事件から、その地域の医療体制の問題、妊婦はなぜかかりつけ医がなかったのかなど、医療機関側と患者側の困難な状況について考えました。
2日目は、毎週時間外受診をする小児の事例から、子どもの貧困、社会保障について考えました。
経済的な問題、人間関係などで困っている人が医療にかかりにくい状況になる、国の社会保障費が削られているのが問題、という意見が出され、活発な議論をしました。
次回の全国つどいは12/19~20横浜で開催されます!
DSC_0093.jpg

DSC_0128.jpg

image1.jpg

おしまい♪

 | HOME |  »

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

clover-clock

プロフィール

eminirenigakusei

Author:eminirenigakusei
林です☆愛媛民医連で医学生さんの担当をしています。学習会や実習、楽しい企画など様々なことを投稿します。医学生の皆さんの参加もお待ちしています。 

FC2カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。