みかんの国よりこんにちは~医師をめざすみなさんへ

愛媛民医連・愛媛医療生協による企画の報告や紹介を行うブログです。

高校生向け「医師体験ステップアップコース」のご案内

12月に高校生向け「医師体験ステップアップコース」を行います。医師の仕事をもっと知ることで、今後の学業のモチベーションアップにつながれば幸いです。高校生の皆さん、ぜひご参加ください。(^-^)/

〒791-1102 愛媛県松山市来住町1091-1
(089)990-8677
愛媛医療生活協同組合
学生担当 林 直樹

2016ステップアップコースのチラシ




12/4(日)中四国医系学生のつどい第1回実行委員会

 12/4(日)、中四国医系学生のつどいの第1回実行委員会が広島にて開催されました。愛媛大学から2人が参加。中四国全体では医療系の学生が20人集まり、2017年度の中四国つどいをどんなものにしたいか、テーマや開催地について議論しました。
 学生からは、「低学年でも参加しやすいつどいにしたい」「医学生だけでなく医療系学生が興味をもてる内容を学びたい」などの意見が出されました。
 そしてなんと!開催地は愛媛県に決定しました!開催時期は2017年5~6月。それまでに何度か実行委員会を重ね、つどいを企画していきます。テーマは「災害医療」です。
 実行委員会の後は広島平和公園で碑巡りをして平和学習も行いました。たくさんある碑の一つひとつに込められた思いを知ることができました。

DSC_0195.jpg
IMG_0124.jpg

11/30(水)線路わきカフェ

 11/30(水)線路わきカフェを開催しました!学生4名が参加しました。初参加の学生が2名!テーマは「路上生活者および障害者の実状」、精神科の上城先生に話をして頂きました。実際に名古屋での路上生活者調査に関わった体験談を交えながら、路上生活者の中には、精神疾患、知的障害の方が6割いるが、社会から適切な支援が受けられていないと報告しました。また、上城先生が関わっている事例を紹介し、障害がありながらも支援を受けられず、困難を抱えている患者さんがいると訴えました。学生からは路上生活者の食生活による病気の影響や収入面の心配など意見が出ました。

1480558020740.jpg

11/30(水)ランチミーティング

 11/30(水)ランチミーティングを開催しました!学生3人の参加でした。11/27(日)に行われた医学連主催の新専門医制度シンポジウムに行った学生から報告してもらいました。専門医を取得することで患者さんに信頼される、個々のレベルアップに繋がるなどメリットはある。しかし膨大な症例数を決めているなどデメリットも心配、もっと患者さんのためになる制度になってほしい」と報告がありました。

20161130ランチ生姜焼き

11/29(火)臨床推論学習会

 今回の臨床推論学習会は、岡山協立病院から内科研修に来られている町野文規先生が講師です。今日の参加者は5年生2名、2年生1名です。実際の心電図をいくつも見てもらい「今、ヤバイ状態かどうか見極める」から始まりました。目の前に患者さんが居るのなら、身体全体を診て聴診器や手で触れてイメージすることが大切。「間隔が同じになった状態のⅠ音とⅡ音の聴き分け方は?」「脈をとりながら・・・?」(学生)など、学生さんをぐいぐい引き寄せていきます。
また、実際に聴診器を使って自分の心音を聴いてもらい、「肺動脈の音を聴くのはどこ?」など聴診のポイントもレクチャーしていただきました。「昔の医師は、検査機器がなくても聴診器で心臓の状態を診断してOPをしてました。循環器の疾患を疑った時はまず脈をとってください。心臓の状態がイメージできるのが大事です」と様々なアドバイス。
岡山協立病院で町野先生の指導医が、患者さんの上肢のしびれの原因が血管の狭窄と診断したのも脈をみたのが決め手だったと、実体験も語っていただきました。
 町野先生を温かく見守っていた原先生も聴診器の使い方や患者さんが楽に体位をとれるコツなどをレクチャーしていただきました。
臨床推論学習会③
臨床推論学習会②
臨床推論学習会①


 | HOME |  »

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

clover-clock

プロフィール

Author:eminirenigakusei
林です☆愛媛民医連で医学生さんの担当をしています。学習会や実習、楽しい企画など様々なことを投稿します。医学生の皆さんの参加もお待ちしています。 

FC2カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード