FC2ブログ

みかんの国よりこんにちは~医師をめざすみなさんへ

愛媛民医連・愛媛医療生協による企画の報告や紹介を行うブログです。

2019/8/7-8/8 医学生病院実習 in愛媛生協病院

8/7(水)~8/8(木)
慶応義塾大学医学部5年生のTさんが実習に来てくれました!

なぜ東京から愛媛に実習に来ることになったのか…
東京レジナビのコンシェルジュに西日本で地域医療を行っている
医療機関を尋ねたところ、愛媛生協病院を紹介される
→大阪レジナビで当院のブースを訪れる
→今回の実習が実現

Tさんは当院へ人々の生活背景や人生に関わる医療を体感できることを
期待されていたそうです。

【スケジュール】
1日目:高校生1日病院体験(AED体験)
    研修医と病棟見学
2日目:訪問診療(内科、精神科)

【感想】
・生協の病院で地域の組合員の取り組みを知り、医療職がどのように関わることができるか考えるきっかけになった。
実際に高校生1日病院体験を通じ、病院が地域に貢献している姿をみれた。
・病床数が少ないことで、コメディカルを含め医療者の目が患者に広く深く行き届く環境を感じた。

当院は日本一小さな臨床研修病院です。
専門性や最先端の技術では劣るかもしれませんが、今回のTさんの実習を通して、
地域を大事に医療を行っている事、地域の人・組合員さんとの関わり、
そういった事に共感してくれる学生もいて、興味をもってこのように実習に
来てくれるんだなぁと改めて考えさせられました。
自分たちの良さを外から来た人を通して再発見できたように思います。
これからも学生さんとの出会いを大事に。
実習の申し込みお待ちしております。



P1100278.jpg

IMG_0312.jpg

IMG_0058.jpg

2019/8/3 小児科救急外来実習 in愛媛生協病院

8/3(土)の17時~21時、愛媛生協病院の救急日に
愛媛大学医学部4年生のMさんが小児科外来実習に来られました!

小児科実習は今回で2回目。
実は前回実習に来られた際、患者さんがあまり来ないという状況
だったため、今回はリベンジの意味合いもある実習でした。
結果は、無事リベンジ成功(」*´∇`)」
沢山の患者さん、症例を診ることが出来たようです。

・学校だと健康な人と典型的な症状を呈しているといった0か100かの勉強しかできないが、
実際の外来に来るのは症状の出始めなどの0と100の間の人を見ることができ、
同時にその診術の難しさを感じた。
・季節が変わると病気も変わるので、また外来実習をしたい。

IMG_0234.jpg

高校生デイケア、ショートステイボランティア

ちょうど高校が夏休みに入る頃、愛媛生協病院のホームページから
ボランティアの問い合わせが来るようになりました。
こんな事は今までなかった事です!

7月13日に受け入れてから8月1日、8月3日、8月5日と沢山の高校生が来てくれています。
進路志望は医学・看護・理学と様々です。

高校生の体験を受け入れてくれる病院は少ないそうで、高校の進路科の先生も頭を悩ませていました。

事業所としてできること…
目先の利益(高校生たちが就職先として選んでくれる事は嬉しいことではありますが)でなく、
長い目で見た支援(ボランティアをした子達が医療の仕事を素敵、働くっていいなと思ってくれること)
を目指して受け入れをしています+.(*'v`*)+

2019/7/27 高校生医師体験 in新居浜協立病院

7月27日、新居浜協立病院で医師体験を開催しました。
新居浜西高校より4名の参加でした。

院内見学では訪問看護ステーションのスタッフより
業務内容について説明を受け、チーム医療を少し理解できたようでした。

地域事業課では愛媛医療生協が健康づくりの生協であることと、
地域での具体的な取り組みについてなど説明をしてもらいました。

芳我先生による医師体験では、病棟の患者さんの聴診をさせていただきました。
後半は縫合体験をしました。

【感想】
・病院には沢山の人が働いていて、患者さん一人に対して多くの人が支えているという事を実感しました。
・患者さん一人ひとりとの関わり方が違っており、しっかり特徴を把握することの重要性が伝わってきました。

IMG_0209.jpg

2019/7/25 線路わきカフェで、『子どもの貧困』を考える。

7月25日、重信の学生サポートセンターで線路わきカフェを行いました。

今回は3月に講演のあった長野県健和会病院の小児科 和田浩先生の『子どもの貧困』について、
当日資料を基に改めて考える機会としました。

3月の講演を聞いた学生から特に印象残っていることや気になったことを報告してもらいました。
いくつかの内容から“自宅学習が0時間の富裕層の子どもと自宅学習が3時間の貧困層の
子どものテストの平均点を比較したところ、前者の子どものほうが良い”というデータから
何故そうなるのかを考えていきました。

◇感想◇
子どもは自分で環境を選べられないので、自分の置かれている状況が
普通と違う事に気づかないまま成長してしまい、これが貧困の連鎖に繋がっているのかなと思った。

IMG_0199.jpg

2019/7/6高校生医師体験 in愛媛生協病院

7月6日、愛媛生協病院で医師体験を開催しました。
この日は高校3年生1名の参加でした。手術室見学や縫合体験、
病棟患者さんの聴診もさせていただきました。

【感想】
・植本先生との体験では難聴の患者さんに大きな声でゆっくりと話しているところが印象に残りました。
・藤田先生との体験では、道具の使い分けや糸の結び方が何種類もあることが分かりました。
また、メスを使うときに皮膚を引っ張ると切り口がきれいになり結べる事が分かりました。 

20190706_103904_HDR.jpg
IMG_0163.jpg

2019/6/22-23 民医連FESTIVAL in熱海

静岡県熱海市において、第2回民医連フェスティバルが開催されました。

民医連フェスティバルとは…
昨年度から始まった、新1年生と新人奨学生を対象とした催し

民医連とは何かを知ってもらう
全国に友達をつくれる
これからの大学の過ごし方を考える

医学生のための新歓企画です(*´ω`)┛

初日の6/22は、熱海の町を舞台に班別スタンプラリー&学習講演
学習講演は栃木民医連宇都宮協立診療所の武井大医師から
「私と民医連」と題してお話がありました。
先生自身が医師を目指した際、学生時代に「このままで良い医師になれるのか?」
と悩み、民医連の病院での実習をとおして
「誰も置き去りにされない社会を創り上げたい」と思うようになったとのこと。

2日目は、参加している職員から民医連らしい取り組みを分科会形式で聴き取りする取り組み。
参加者も、 民医連が地域でどのような役割をしているのかが分かった、などの感想が出ていました。

今回の企画を通して、参加した学生は多くの友人が出来たようで、
「また会おうね」と帰り際に握手をする光景に癒されましたヾ(o´∀`o)ノ

民医連フェスティバル

2019/6/18 中四国つどい 振り返り in愛媛生協病院

6/15-6/16 岡山で開催された中四国つどいの振り返りを
6/18に愛媛生協病院で行いました。
振り返りの参加者は、つどいに参加していた医学生や看護学生、
生協病院看護師、事務です。

振り返りの目的は、つどいでの和田先生による講演内容、つどいそのもの
を皆で振り返り、共有することで一層考えを深めることでした。

20190618_183717_HDR.jpg


勉強をしたら、リフレッシュも大事!ということで、今後愛媛の医療系学生で
集まって、8/31に愛媛つどいを行うことも決まりました。
BBQやスポーツ中心の楽しい催しになりそうです♪

2019/6/15-6/16 岡山で「最高の人生の終わりかた」を考える

6/15-6/16 岡山にて中四国医療系学生のつどい2019が行われました。

テーマ「最高の人生の終わり方~終末期を考える~」に沿って、

1日目
川崎協同病院の和田先生による講演
前半でたくさんの症例紹介があり、
後半はグループワークを交えながらの講演でした。

DSCN0174.jpg

2日目
分科会企画
①医師 ➁看護師 ➂訪問看護師 ④医療ソーシャルワーカー ⑤作業療法士 ⑥がん患者の会の方
6つのグループに分かれ、グループディスカッションを行いました。

DSCN0353.jpg

【参加者の感想】
・緩和ケアは終末期において患者や、その家族に対していかに寄り添うかが大事だが、寄り添うことの難しさもある事も学んだ
・寄り添うとは「共感すること」「想像すること」で、「患者さんの本音を知ろうとすること」だと分かった
・終末期医療は患者さんの希望するイベントを叶えてあげるイメージだったが、日々の生活の中で患者さんが幸せだったと言えるようなケアが大切だと思った
・幸せってなんだろう?と考えさせられる話でもありました


このつどいは、
2018年11月から4回に渡って、中四国の医療系学生が集まり、
・テーマ  ・獲得目標  ・講師  ・討論ポイント
をどうするか学生主体で考えた企画です。

2019/6/5 ランチミーティング

6月5日、サポートセンターにてランチを開催しました。

今回の目的は、
7月13日 奈良で開催される精神科研修交流集会
8月20~21日 岡山にて開催される精神科セミナー 林道倫精神科神経科病院主催
の案内でした。

ランチには、岡山の林道倫精神科神経科病院(以下、林病院)から職員さんが2名、
林病院にて研修セミナーと実習経験のある6年生と他学生何名か来ており、
6年生のMさんが後輩に向けて、経験を語ってくれました。

医者として将来どの分野に進むとしても関わることになる精神疾患。
この日ランチに参加していた2名の学生は、精神科セミナーへの参加
を表明してくれました!

ランチの様子↓
IMG_0009.jpg

2019/5/30 中四国つどい 事前学習

5月30日、愛媛生協病院の会議室で線路わきカフェを行いました。

6月15~16日に岡山で開催される中四国医療系学生のつどいの事前学習と顔合わせをしました。
今年のつどいの参加者は、医学生5名、看護学生5名、看護師2名、医師2名、担当者3名です。

事前学習として『笑って死ねる病院』のDVD鑑賞をし、
中四国つどい第3回、第4回実行委員会のテーマ学習内容を参加者より報告しました。

 学習の前後ではそれぞれ
『終末期を考える時に何を大切にしたいですか?』
という問いを考え、みんなで共有しました。
 また、中四国つどいに初参加の学生向けに、参加経験のある学生から中四国つどい
の概要説明、参加しての感想を紹介しました。

5302.jpg


最後は学生同士がグループLINEを作り、LINE交換し賑やかに終了しました。

去年の中四国つどいの様子はこちら

奨学金のご案内はこちら

2019/5/25 高校生医師体験 in 愛媛生協病院

5月25日、愛媛生協病院で高校生医師体験を開催しました。
高3生4名、高2生1名の計5名の参加でした。

~当日の流れ~
・自己紹介とともに『今思っている医師のイメージはどのようなものか』を話す
・医師になるまでの年数や研修制度など簡単に紹介
・総合専門医のDVDを視聴
・院内見学(フィットネスCo-Core、院内保育所、病児保育所、放射線科)

院内保育所でのひとコマ
医師体験1


・医師体験では精神科上城統士先生による聴診体験をしました。病棟詰所でCT画像を見たり、手洗いをしたり、患者さんの聴診もさせていただきました。

医師体験2

昼食交流後、医師のイメージで変わったことや気付いたことを交流し、体験を終了しました。

【参加者による医師体験 感想】
・何気ない挨拶や世間話を通した患者さんとのコミュニケーションの大切さを感じた。
・会話をする時に相手が話した内容をかみ砕いて繰り返すのも会話技術なのかなと思った。



春には無事合格した元気な姿が見られますように(*・人・*)

中四国医療系学生のつどい

5/19(日)岡山にて中四国医療系学生のつどい、第4回実行委員会が開催されました。
 医療系学生11名、職員11名の参加でした。愛媛から参加の学生はいませんでした。
 
今回の実行委員会ではテーマ学習がありました。
 テーマ  “とある肺がん患者の声”
 肺がん患者会「ライオンハート岡山」代表の方による学習会でした。
 肺がんステージ4の癌の告知をされてから完治するまでの医療者とのやり取りで感じたこと、
 気持ちの変化を患者さん目線でお話いただきました。
 講演後、
 「家族にはどう伝えたのか」「入院中はどのように過ごしたのか」
 「ネガティブな思考になりがちだと思うがどのようにポジティブな思考を維持したのか」
 など、たくさんの質問がありました。

つどい

つどい2

2019/4/25 高校生医師体験 in 愛媛生協病院

4月25日、愛媛生協病院で高校生医師体験を開催しました。
リピーターの高校生、インターネット検索でHPから申し込みをした高校生など4名の参加でした。

今回はプライマリケア学会作成の総合専門医のDVDを視聴しました。

院内見学
キャプチャ2
フィットネスCo-Core

IMG_3375.jpg
院内保育所、病児保育所

キャプチャ4
放射線科


藤原匠平先生による医師体験
IMG_8277.jpg
まず身体診察までの流れを聞きました。
その後、聴診体験、血圧測定体験をしました。

IMG_8282.jpg
病棟では患者さんの聴診もさせていただきました。

沢山の学びがあったようです♪
また遊びに来てくださいね (*^ー^)ノ

☆高校生医師体験のお申込みはこちらから☆

入学おめでとう会

4/23(火)18:30~学生サポートセンターにて線路わきカフェ「新1年生入学おめでとう会」を行いました。

新1年生を含めて学生5名と、1年目研修医の森実あすか先生にも参加していただきました。

今回は“バラエティお好み焼き”です。
それぞれが好みのトッピングで大小様々なお好み焼きを作りました。

上級生からは授業・部活のことなど大学生活についてのポイントが話され、新1年生へは上級生より質問が次々に出されました。

キャプチャ
あすか先生より「お祝いの品」贈呈

楽しい大学生活の始まりですね♪
企画や実習、たくさんご案内します
よろしくお願いします+.゚(*´∀`)ノ゚+.゚


2019/4/7  医学生(5年生)FCチームドクター見学

4月7日、愛媛FCvsFC岐阜の対戦が県総合運動公園ニンジニアスタジアムでありました。

晴希
チームドクターに興味のある元野球部キャプテンと元サッカー部キャプテンの6年生の学生2名が見学に来ました。

試合前の選手の体調チェック、試合中のチームドクターの動き、試合後には試合中に体を痛めた選手の診察の光景など沢山の見学ができ、とても良い経験になったようです。

キャプチャ
試合結果といえば2―0で愛媛が勝ちましたO(≧∇≦)O

キャプチャ3

【感想】
・チームドクターとは名ばかりではなく、本当にチームの一員として一緒に戦い、一緒にチームの勝利と栄光を目指しているということが分かりました。
・普段の実習では見ることの無い所を見れてすごく貴重な経験でした。自分も将来的にはなにかしらの形でスポーツ選手に関わりたいという思いがありそれに向けた良い第一歩になりました。
また機会があれば見に行きたいです!

2019/4/4~/6  医学生(4年生)実習

4月4日~6日愛大医学部4年生の学生さんが小児科実習に来ました。

IMG_3320.jpg
乳幼児健診を見学では、日ごろの親の接し方が子どもの性格や発達にどのような影響を与えるか、今後どうしていくかアドバイスしている様子をみることができました。

IMG_3335.jpg
身体診察体験

小児科救急も見学しました。
他院より紹介のあった頭部骨折の患児について有田医師よりCTを見ながら説明を受け、返書作成に挑戦しました。
有田先生にほぼ修正され「経過が書けてなかったですね」と学生さん。
「なんでも練習」と有田先生より励ましの言葉をいただきました。

IMG_3336.jpg
以前の意識混濁で救急搬送された患児の症例紹介がありました。
経過と仙骨の画像を見て仙骨部二分脊椎症におこる膀胱直腸障害、dimpleという特徴など丁寧に説明していただきました。

IMG_3341.jpg
痛くない注射の方法も学び、痛みの違いについて経験させていただきました。

【感想】
・二の腕に痛くない方法と何もしない方法の2パターンで生食を皮下注してもらいました。病気を見つけるだけでなく手技にも勉強と工夫が必要だと感じました。

・実際に診察していく上で学校で学ぶことだけは不十分で、手技についての工夫や雑学がまだまだ足りていない事を実感しました。実習の中の様々は体験の中で見るのとやるのでは気を遣っているポイントも難しさも全く異なることを体感しました。


先生より「次は土日の救急実習においで」と声をかけられていました。
また来てください、職員一同お待ちしてます(。・ω・。)ノ゚

☆病院実習のお申込みはこちらです☆


2019/4/4  医学生(4年生)実習

4/4(木)、愛媛生協病院に愛媛大学医学部4年生の学生さんが実習に来ました。

地域医療・高齢者医療に関心があり、今回は訪問診療同行の希望がありました。

キャプチャ

在宅科で原先生と訪問予定の患者さんの情報を共有し出発。
初めての在宅医療の現場で患者さんはもちろんご家族とのコミュニケーションの大切さを実感しました。
また、ご家族への丁寧な説明が信頼関係につながることも目の当たりにしました。

午後は病棟での内科カンファに参加。専門用語が飛び交う中、聞いたことはあるけど…と言うことも多く、次の実習への意欲が湧いたようです。

☆実習のお申込みはこちらから☆


2019/3/31 中四国医療系学生のつどい 第3回実行委員会

3/31(日)岡山にて開催されました。

医学生、看護学生をはじめ医療系学生が20名
愛媛からは愛大医学部の学生2名の参加でした。

渡部実行委員長から獲得目標を更に深める提案の後、各県役割分担、企画概要と学習講演について報告。

企画案の提案を受けディスカッションをし、各班から報告しました。

愛媛は香川と合同で、開会式・閉会式、アイスブレイクの担当になりました。
学生中心に検討し、第4回実行委員会で提案することとしました。

3つどい

次回は複数の学科から参加したいと思います。

2019/3/24 第36回医療福祉運動交流集会

3月24日(日)ウェルピア伊予で第36回医療福祉運動交流集会が開催されました。

組合員、職員の他、今回は高校生・学生にも案内しました。
医学生2名・医学部を目指す高校生2名が参加
全体で300名強の参加でした。

和田
特別講演は、長野県健和会病院
小児科医 和田浩先生による
“子どもの貧困をとおして地域を見つめる”

医活2
特別報告として,愛媛大学医学部5年生の学生さんも発表しました。

イカツ飯
昼食の時間には高校生・現役学生・医師・看護師で交流しました。

午後の分科会の上城先生の報告では、高校生たちからも発言していただきました。

最初は場違いは感じを受けていた高校生たちでしたが、
色々な話を聞く事ができ参加して良かったと話してくれました。


高校生・学生のうちに色んな刺激を受けることは
大切なことかもしれないですね(*˘ ˘*)

これからも、いろんな企画ドンドン発信していきます(*・∀・)ノ


 | HOME |  »

プロフィール

愛媛民医連 医学生

Author:愛媛民医連 医学生
堀内です☆愛媛民医連で医学生さんの担当をしています。学習会や実習、楽しい企画など様々なことを投稿します。皆さんの参加もお待ちしています。 

clover-clock

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード